So-net無料ブログ作成
●●超安眠枕!肩こり、首こりも解消
●●口内の健康を考えるなら「歯磨きHA-118。」
________________________________________________________________________

飲食業界ってところは…

給料安い割に、仕事はキツいわ、休みは少ないわ…

そんなグチ、ちょくちょく耳にするどころか、自分でも
言っているわけで。。。

しかし…

これは今日、聞いた話ですけど、飲食業界…

ここもまた仕事キツいわ、休みはないわ、ンで、給料安いわ…

特に、この飲食業ってところは、実に大小様々。

大小様々って言えば、僕が勤めている建設業界も同じです。

が…

聞いていて、飲食業界ほど給料格差、それに仕事のキツさに対する
格差はないだろーナァ…って思いました。

例えば、ラーメン店で働く29歳の男性の場合…

勤続2年で、手取り額15万円。。。

って、安っ!

29歳の男子が月々15万円!?

マジかっ!

このラーメン屋さんは、本店、支店合わせて5店舗あり、まあまあ
繁盛しているそうです。

で…

飲食業界って、どちらかと言うと縦社会の色が濃厚らしくて、
先輩の発言力とか権限が強いようで…

ちょっと気に入らないことをしちゃうと、すぐに殴る蹴る…

営業が終わって店の中を片付け、さあ帰ろう…って時になると、
飲みに誘われ、ハシゴすることも度々。。

やりたくもないパチンコに付き合わされることもあれば、性風俗の
お店へお供されられることも。。

そこまで言うこと聞いてるのに、仕込があるから朝7時には出勤し、
夜遅くまで、まさしくボロ雑巾のようにコキ使われるようで。。。

しかも、残業代は一切出ない!

っつーか、残業って概念がない!

丸1日休めるのは、月に3日か4日ほど。。。

週1回、早あがりがあるけど、それでも夜の7時まで働かされてる
わけで…って、どこが早あがりやねん!?

  飲食業界って言っても、大手企業の
  店長だったら違うかも知れないけど、
  雇われの身であれば、たいていは
  ブラックな目に遭いますよ。
  だから40代、50代の人なんかキツくて
  勤まらない…。
  それくらいの歳だったら、本社や支社で
  管理仕事していればイイけど…、
  現場では、もうムリ!

う~~ん、聞いてると、妙に納得しちゃうナァ。。。

そりゃまぁ…、建設関係でも縦社会って言うか、キビシい会社もあるし、
朝なんか7時どころか4時、5時からってコトもあるけど…

・・・・飲食よりはイイかもなぁ。。

あんまり勤め先のコトで文句言っちゃいけないかもなぁ。

って、何だか改心しちゃったような気になりました。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 

笹やん 武勇伝

今朝、バイト先の冷凍食品センターへ行ってみると・・

我らが笹やんチームに、僕より2つ、3つほど年上と思われる
あまり見慣れない男性が作業をしていまして・・

背はそれほど高くなく、ぽっちゃり体型で、童顔で・・

なので、温和な性格の人だろうと思っていたら、

  あいつ、あちこちでケンカするから
  「ケンカ屋・ヤスダ」って呼ばれてるんや。。

と、バイト仲間の一人が教えてくれました。

そのヤスダさんとは・・

元々、ここでドライバーをしている人だそうですが、例えば、
何らかの理由で納品が遅くなってしまった際、納品先から、

  もう少し早く持って来てくれないと
  仕込みに間に合わないだろ。

と言われたりすれば、

  道が混んでたンで、しゃーねーだろ!
  オレだって、少しでも早く納品するつもりで
  飛ばしてきたンやぞ!

と、ブチ切れて怒鳴り、得意先を驚かせるそうで。。。

  すみませんでした。
  以後、気を付けます。

こう言えば済むものを、怒鳴るものですから、得意先としても、

  何や、このドライバーは…

ってコトになり、センターへクレームが入るわけです。

また、他のドライバーとも、積込みの順番を争って、度々ケンカを
するそうです。

それと、商品を間違えて納品した時には、

  こんな間違えやすい商品名にする方が
  悪いンやろ!
  すぐに品名を変えろ!

などと庫内の作業者に怒鳴り散らすそうです。。。

庫内作業者としては、

  オレにそんなコト言われたってナァ…。

戸惑うしかありません。。。

とにかく、すぐにブチ切れる…。

謝ることを知らない…。

誰彼かまわず怒鳴る…。

それで、ケンカ屋・ヤスダと呼ばれるようになり、ドライバーや
得意先から、やたらクレームがつくので、しばらく庫内作業を
させることになったみたいです。

が…

庫内でも…

あるバイトが、商品を作業場まで出庫すると、

  そんな所へ置くな!
  邪魔になるやろーが!

いきなり怒鳴り出し、

  一度にそんなたくさん持ってこんでも
  エエやろ!
  このスペースを見て、わからんのか!
  さっさと除けろ!

と、そのバイトにキツい口調で喚くので、相手もムカッとしたらしく、

  いつもこの商品は、この場所に
  置いとるんじゃ!
  わかっとらんのはオメーの方やろ!

そう怒鳴り返したそうで・・

そこから10分以上、怒鳴り合いが続いたみたいです。。

その次の日には…

社員のナカガワさんが、ヤスダさんに商品の仕分けを指示すると、

  今、こっちの商品を出しとるから
  手が回らんやろ!
  オレじゃなく、他のヤツにやらせろ!

やはり、いきなり怒鳴り出し、

  こっちは、まだ慣れとらんのやぞ!
  それくらいわかってくれてもエエやろ!

と、立場を逆転させてしまったそうで。。

  まあー、アイツの面倒は見切れん。。。

とうとうナカガワさんも愛想を尽かし、ヤスダさんを別のチームへ
移してほしいとセンター長に泣きついたほどで・・

そんなわけで、3日前から笹やんチームに配属されちゃったようです。。。

既に、ケンカ屋・ヤスダのことは、笹やんチームのバイトの耳にも
伝わっているようで・・

バイトたちは誰も、ヤスダさんに近づこうとも、話しかけようとも
しないのでした。。。

これは笹やんも同じらしく、ヤスダさんに適当な作業をさせ、遠目に
見ているようです。

そんな見掛けとは大違いのヤスダさんの特徴は、息づかいでして・・

商品を運んだり、仕分けたり、とにかく動いている時に、

  す──── す──── す────…

と、異様に大きな息づかいの音が聞こえるのです。

吸っている時の音なのか、吐いている時なのか、よくわかりませんが、
少し離れた所からでも、

  す──── す──── す────…

はっきり聞こえるのです。。。

昼過ぎの作業時・・

僕が、大量の冷凍バラ肉のケースをカゴ車に積んでいると、

  す──── す──── す────…
  す──── す────…
  す──── す────…

  す──── す──── す────…
  す──── す────…

  す──── す────…
  す──── す────…

  す────…

めちゃくちゃ背後から聞こえるではありませんか!

思わず振り向くと、ヤスダさん、僕の真後ろで、冷凍バラ肉のケースを
別のカゴ車に積んでいて、そのカゴ車に満載したようで、彼はケースを
両手に抱え、僕の真後ろに立っているのです!

どうやら、僕の積んでいるカゴ車へ積みたいみたいで・・

それで、目が合って・・

童顔で、まん丸の目で、それが合っちゃって・・

そんな顔で、

  す──── す──── す────…
  す──── す────…

って、まだ息を吸ってるんだか、吐いているんだか、よくわかりませんが、
その音が続いていて・・

ぶっちゃけ不気味!

メッチャ怖かったです…。


さて、午後2時を少し過ぎた頃・・

60歳を超えていると思われる男性が、防寒着姿で庫内にやってきました。

バインダーを持って、何やらペンで書き込みながら、作業場を回って
チェックしているみたいです。

笹やんは、

  どうせ、どっかの施工業者のオッチャンが、
  現場の確認に来たんやろ。

などと言っていました。

そのオッチャンは、特に僕らの作業場を念入りにチェックしているようで、
チョロチョロと動き回り、作業スペースを目測してみたり、壁面の材質を
確かめたりしているようでした。

そのオッチャンが来て、10分、15分ほど経ったでしょうか。

いきなり、ヤスダさんの怒鳴り声が響き渡りました。

  ちょっと!邪魔…!
  邪魔なんやて!

どうやら、チョロチョロしているオッチャンに向かって怒鳴っている
ようです。

  邪魔やって言ってるやろ!
  アンタ…!アンタのことやぞ!

ヤスダさんは、オッチャンを睨みながら、なおも怒鳴るのでした。

オッチャンは、案外、落ち着いた態度で、薄ら笑いを浮かべながら、
ヤスダさんを見返しています。

  アンタ、どーゆーつもりか知らんけどサァ!
  さっきから、こんな所でチョロつかれちゃ
  邪魔でしゃーないンやわ!

僕らバイトだけでなく、笹やんも黙ったまま、この二人の様子を見比べて
いるのでした。

そこへセンター長が駈け込んで来たのです!

めっちゃアタフタした顔をして、センター長、息を殺すような勢いで
駆けてきました。

そして・・

  おい!ヤスダ!!

思いっきり大きな声で、叫ぶように言いました。

アタフタ、おたおた…、センター長は泣きそうな目をしています。

  ヤスダ!
  オメー、なに考えとるンや!

絞り出すような声をあげるセンター長に対し、オッチャンの方は、妙に
ゆったりとした動作で、

  まあまあ、コサカくん…

そう言って、片手を上げ、センター長を制する仕草をしました。

それでもセンター長は、ヤスダさんに向かって大声で言います。

  オメーは…、ったく、もう!
  取締役の顔ぐれえ、ちゃんと覚えとけ!

・・・・・・・・・・オッチャンではなく・・、ここの取締役の人だったンですね~。。。

  バカヤロー!

センター長に怒鳴られたヤスダさん・・

  す…!

そんな息づかいの音が・・

でも、やっぱ、吸っているのか吐いているのか、どっちの音なのか
わかりません…。

この時、チラッと笹やんを見ると・・

複雑な笑みをたたえ、楽しそうに、この光景を見ているのでした。

複雑な笑み…と言いますのは、笹やん自身、この取締役のことを、

  施工業者のオッチャン

呼ばわりしてたので、うっかりしていたら、自分がセンター長から
怒鳴られていただろうなぁ…って、思っていたのかも知れません。

でも、まぁ、ここは笹やんにしてみれば、

  ヤスダの野郎、散々、叱られやがって…、
  ハッハッハ、オレじゃなくてラッキーだぜぃ!

って感じでしょうか。。。

どうやら、取締役の人は、このセンターの増床計画に伴い、自主的に
現場視察に来たそうです。

センター長に叱られても、ヤスダさん・・

  こんな日曜日に来んでもエエやん!
  紛らわしいッ!

そんな空前絶後のセリフまで飛び出す始末。。。

センター長は、険しい目つきになったり、怯え切って泣きそうな目つき
になったり・・

こりゃ、後から取締役のオッチャンに、かなり絞られるだろーナ。。。

そのセンター長の顔を、笹やんは、にんまり笑いつつ見ているのでした。

そして、本社の取締役を相手に、散々、邪魔扱いした上、紛らわしい!と
まで言い放ったヤスダさん・・

このことは「ケンカ屋・ヤスダ」の武勇伝として、笹やんの口から
語り広められていくのでした…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 

恋人の聖地で・・

愛知県の田原市に「恋路ヶ浜」と言うロマンチックな名称の
観光スポットがあるそうで…

そこは恋人の聖地と呼ばれ…って、恋人の聖地って何や!?

ま…、とにかくテレビなどでも紹介されたとかで、その辺りには
クローバーが植栽されているそうで…

で、まぁ…、恋人たちは、その聖地へ出向いて、クローバー畑と
言いますか、それが植栽された所で、四つ葉のクローバーを探すと
言うわけでして…

四つ葉のクローバーと言いますと、それくらい僕だって知って
ますヨ。。。

幸運を呼ぶとか言われてるヤツでしょ?

普通、クローバーは三つ葉ですが、たまに四つ葉もあるそうで、
そんな希少な四つ葉のクローバーを見つけるとラッキーなことが
あるかも!ってワケでしょ?

で…

その恋路ヶ浜に植栽されたクローバーが、何者かによって、
ごっそり盗られちゃったようでして…

本来、その植栽地において、1人1本は摘み取って構わないことに
なっていますけど、それがごっそり。。。

どうやってごっそり盗ったのか、詳しい事までわかりませんが、
跡形もなくなっていたとのことですから、大掛かりなモンです。

犯人は、そこまでして四つ葉のクローバーを手に入れ、幸せに
なりたかったのか、はたまた、そこを訪れる恋人たちに嫉妬して
嫌がらせをしたのか…

その辺りもわかりませんが、現地の観光協議会は、直ちに
植え直すことに。。。

恋路ヶ浜の観光協議会は、10年前から四つ葉のクローバーの株分け、
栽培に取り組んできたそうで、

  恋人の聖地で盗難が発生したのは
  残念なこと。
  幸せを独り占めしようとせず、
  ルールを守って、1人でも多くの人が
  幸せになってほしい。

と、職員の人が話したそうです。


あれ…? ちょっと待てよ…って、僕は考えちゃいましたヨ。

四つ葉のクローバーの株分け、栽培に取り組んで…って、それ…

本来、希少であるが故に、幸運を呼ぶとまで言われている四つ葉の
クローバーなのに…

それを専門に栽培して…

そんなの希少じゃなくなっちゃって…

そうやって恋人の聖地とか言っちゃって…

大勢の恋人を集めて、少しでも儲けようってコト?

  いろんな所に見られるクローバーは、滅多なことでは
  四つ葉が見つからないからこそ、それを見つけた時の
  喜びってモンがあるんじゃないの?
  それを四つ葉の栽培に取り組んで、幸運の安売り
  みたいにして、独り占めしようとしているんじゃないの?
  だったらオメーもエラそうなこと言えねーンじゃないの!?

って、僕は、その職員の人に対して、そんなふうに思ったのですが、
間違ってますかねぇ…?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(2) 

病院行け!

公益社団法人・全日本病院協会によりますと、昨年では、全国約2500の
加盟病院のうち、3割以上は赤字経営に陥っているとのことです。。。

で・・

これに伴い、医療・福祉分野での倒産件数は250件超え…ってコトで
統計を取り始めた2000年以降、最多を記録(東京商工リサーチ調べ)

へぇ~!

病院って、儲かってるとばかり思ってたけど…

経営上、リスクを抱えている病院は、案外多いンだ…。

高齢化が進んでいる中、医療・福祉のお世話になる人、増えていると
思いますし、その分、報酬も増えているんじゃないの…?

僕は、そう思っていましたけど、主な収入源である診療報酬の水準は
抑制傾向にあるそうで・・

とは言っても、僕は、実際にどんだけ抑制されているのか詳しくは
知りませんけど・・

まぁ、とにかく、それで経営環境が悪化しているみたいです。

中には、診療報酬の請求権を担保にして金策に走ったり、経営権自体を
譲渡する病院もあるそうです。

それだけ切迫しているってワケですね。。。

診療を受ける人は間違いなく増えているわけですが、そうなりますと
それだけ病院を選ぶ人も増える…ってコトです。

  あそこはヤブだ!
  イイ加減に済ませて、ゼニだけは
  しっかり取りやがる!


  そっちの病院の方が親身になって
  世話してくれるし、設備も整っている。
  いつも混んでるけど、そっちの方がイイや。

など、いろいろ評価されるようになり・・

病院としては、患者を獲得するために設備投資を増やし、これが
過大になると経営が苦しくなるわけで。。。

このことに気付かず、そのまま放漫経営を続けてしまう場合も多い
そうです。

そんなわけで、何だカンだ言いましても、病院だって商売です。

患者と言うお客さんを多く呼び込むためのノウハウが必要ですし、
お客さんを満足させる設備も必要でしょう。

お客さんの数、それに見合った設備投資、人員配置など・・

病院を運営する医師は、医学はもちろん、経営学も重要な時代に
なったと言うことです。

事実、放漫経営の末、赤字に悩む医師は増えているそうで・・

そんな医師に言ってやりたいです。

病院行け!って。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(2) 

ラーメンに九条ねぎ

お昼に入ったラーメン屋さんは、カウンターやテーブルに、ねぎが
たっぷり入った容器が置いてあって、それを「ご自由にどうぞ」って、
サービスになっていました。
ramen_kyoto1904.jpg

だから、こうして僕は、思うままドンブリにねぎを放り込み、さらに
この後、追加で放り込み、また放り込み・・

思う存分、ねぎを投入しました。。。

ラーメンを食べたと言うより、ねぎを食べたと言う実感が高いです。。。

でも、こういう「ねぎ入れ放題」のサービスをしてくれるラーメン屋さんは
大好きですね。

  当店のねぎは、京都から取り寄せた
  九条ねぎ100%です。

ラベルにはそう書かれていました。

ま、別に僕は、九条だろうと、十条だろうと、はたまた十一条だって
構わないンだけどね。。。

とにかく、たっぷりねぎを入れて食べたい…、それだけです。

これはラーメンだけじゃなく、うどん、そばでも同じく、できることなら
大量にねぎをブチ込みたい!

薬味ねぎが好きなンですね。

これをたっぷり絡めて、ラーメンやうどんを啜り込む、あの、香味の良さ☆

小麦とねぎの風味が相まって、素朴ながら何とも言えない香りが広がって・・

さらに、スープやつゆを吸う時も、極力多めのねぎを口中に吸い込むように
しています。

やはり、スープやつゆの旨味に、ねぎの香味が相まって・・

こういう食べ方をするから、目の前にあれば、どんどんブチ込んでしまう
わけです。

だけど、今日、周囲を観察した限りでは、決して僕だけじゃないようで・・

同じように何度も何度も、容器から九条ねぎをドンブリに入れている客は
多かったです。

  すンませーん!
  ねぎ、なくなったんで
  持ってきてくださーい!

って、店員さんに請求している客もいました。

そうか、みんな、ねぎをたっぷり入れるの好きか…

妙に連帯感みたいなモノを感じながら、ラーメンを食べました。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(3)  コメント(0) 

口は臭くない!

僕は、他人より発汗量が多いと言いますか、まぁ、いわゆる
汗掻き…ってヤツです。

若い頃から、すぐ汗を掻く方で、周りからビックリされるほど
でした。

例えば、全然、暑くもない時期にカレーライスを食べていて、
僕一人だけ、滝ように額から汗を流している…

それを見た友だちは、ビックリするわけです。

  何でオマエだけ、そんなに
  汗掻いとるンや!?
  同じ辛さのカレーやろ?

とか言われても、こっちも好きで掻いてるンじゃないし。。。

さて・・

ビジネスシーンにおいて、同僚など周囲の人の身だしなみについて
「どうにかしてほしい」と思うのはどんなコト?

こんな内容で、マンダムがネット調査を実施しまして・・

その結果を見ますと・・

  1位:体臭(67%)
  2位:口臭(60%)

このように1位、2位が「臭い」について、どうにかしてほしいと
思っているわけで、その割合も約7割、6割ってコトです。

僕は、今のところ加齢臭ではないと思っていますし、家族や親しい
人たちからも、特に指摘は受けていません。

が…

ウチの悪妻などから、汗臭いと言われることが多々あります。

そりゃ、まぁ…、外で身体動かして仕事していますんで、もう、
この時期でも大汗を掻くことがあります。

これは僕だけじゃなく、同じ仕事をしている周りの仲間も同じです。

近頃は、消臭、防臭効果がある衣服もあって、それを利用しているの
ですが、それでも夕方になれば…

特に大汗掻きの僕は、他人より汗臭いだろうと思っています。

  でも、しょーがないンだよ。。
  これは…。
  仕事だから。

悪妻に対しては、このように開き直っています。。。

ところで・・

日本では体臭の方が、口臭より気になっているようですが、在日外国人に
よりますと、

  日本人の口臭にガッカリした。。。

って人が7割にのぼるという調査結果もありまして・・

まぁ、体臭について言えば、欧米の人たちの方がキツいとのことで・・

そう言う意味もあるのか、日本人の体臭よりも口臭の方が気になると
言うわけです。

この口臭の原因は、ほぼほぼ歯周病によるものらしいです。

歯周病の程度によって、臭いの度合も異なりますが、35歳以上の日本人の
80%ほどが何らかの歯周病にかかっていると言われているみたいで。。
(医療団体オーラルプロテクトコンソーシアム)

一方、口臭に関しては欧米の人たちの方が、行き届いたケアをしている
そうです。

歯間ブラシなどを利用しての歯間ケアは、欧米に比べると日本では、
まだまだ浸透していないとのこと。。。

実は、僕も5年ほど前から、ハミガキの後で歯間ブラシを使う習慣を
続けるようになりまして・・

そのおかげか、歯医者さんのお世話になっていません。

何より食べることが大好きなので、歯を大事にしようと言う意識がある
わけです。

  汗臭いけど、口は臭くない!

せめて、こう言い切れるようでありたい…とも思っているわけです。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

口臭・体臭にはshunax




nice!(2)  コメント(0) 

ここまで時代は変わりました

世の中、いろんな商売があるもので。。

退職代行業ってのが、あるそうです。

僕自身、勤め先を辞めた経験がないので、退職しようと思って
いる人の気持ち、充分にはわかりませんが…

これまで慣れ親しんだ職場を離れるわけだし…

慣れ親しんでいなくても、辞めることは伝えなきゃいけないし…

新しい勤め先を決めなきゃいけないし…

大きな決心と勇気が必要なんだろうなぁ…ってコトはわかります。

僕の勤め先にも、他の会社を辞め、転職してきた人は何人か
います。

そんな人たちの話ですと…

  あんなしょーもない会社、
  スパッと辞めたったわ!

と、スパッと吐き捨てるように言っちゃう人もいれば…

  なかなか辞めるって言い出せなくて、
  しばらく一人っきりで悩んでたナァ。。。

って人もいます。

何にしましても、退職に当たってはモヤモヤするものだと思います。

そんなモヤモヤを、少しでも軽くしてくれるサービス、それが
退職代行業だそうで。。

退職を希望する本人が、辞表を用意すれば、退職する旨の連絡は
代行業がやってくれるみたいです。

そのお値段、退職1回につき、正社員の場合は税込で5万円。

アルバイトの場合ですと、税込4万円。

退職成功率は100%!だそうです。。

まぁ、辞めると伝える際、勤め先側から、

  ナニぃ!
  辞めるだと!?
  どういうつもりだ!
  今まで、おまえに会社は、どれだけ
  投資してきたかわかってンのかっ!

って、理不尽に怒鳴られたり…

  そんなコト言わないで…
  考え直してくれよ。
  な、頼む!
  この通りだ!
  本当に頼む!

って、暑苦しく泣きつかれたり…

  おいおい、そんな簡単に辞められると
  思ってンの?
  就業契約に書いてあったよね?
  違約金払ってもらうよ。

って、ワケのわからん脅しを受けたり…

そんな目に遭うくらいなら、5万円、4万円払って、どこの誰だか
知らない人に「退職」頼んだ方が後腐れもなく、却ってスッキリ
した気分で次へ進めるかも…。

ちなみに、このサービスを利用している年代は20代前半がメイン。

圧倒的に男性が多いそうです。

ある代行業者では、月200~250件の依頼を受けているそうで…

  若いうちの苦労は買ってでもしろ!
  やがて実になる時が来る!
  どんだけ辛いことがあったって、
  辛抱して最後まで勤め上げろ!
  それが男だ!男の生きざまだ!

むか~し、むかし、こんなコト言われていた時代もあったンですが、

  苦労なんかしたくねぇ!
  実にならなくても構わねぇ!
  辛いのはイヤだ!
  ンで、自分で辞めるって言うのもイヤだ!
  そうだ!
  代行頼んじゃお!

ここまで時代は変わりましたヨ。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 

グリルハンバーグ定食


お昼に食べたグリルハンバーグ定食です。
T_ohmori1904.jpg
お値段880円。

ハンバーグは450gなので、なかなかボリューミーで、焦げ目が
香ばしくて、確かにグリル感があります。

それよりも何よりも・・

僕は昔から、

  大盛り無料です。

と言われると、無条件で大盛りを頼んじゃいます。。。

めっちゃ空腹ってワケでもないけど、

  大盛り無料です。

って言われると、大盛りにしなきゃ損する…みたいな感じに
なってしまうのです。。。

ですから・・

ここのお店でも、

  大盛り無料です。

って、店員さんが笑顔で言ってくれたから、頼んじゃったの
ですが・・

まさか、ここまでとは…。

ま…、食べられない量じゃありませんから、別に大丈夫ですけどね。

450gのグリルハンバーグには、これくらいのごはんがないと
釣り合いが取れないかも知れませんしね。

しかし、こう…、40過ぎて、それでも若い頃と変わらない食欲を
感じ、食欲のまま食べられる…ってコトは、まぁ、それだけ健康な
証拠ってコトで・・

とは言え、その…、若い頃とは違い代謝が低下しているのか、
体重に反映してしまうようで・・

  オレも、そろそろ大食いをやめて、
  どっかの有名人みたいに一日一食って
  生活にしてみようかな。。

などと思いながら、

  別に、グリルハンバーグをメシ大盛りにして
  食いながら考えるコトじゃねーわな。。。

とも思いました…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 

笹やん 発情期

バイト先の冷凍食品センターで、この前の水曜日、それと昨日の
土曜日、自転車に乗って帰宅するところを、何者かに体当たりされ、
転倒すると言う、チョットした事件が続けて発生したそうです。

このセンターの西側が、道幅の狭い生活路になっており、その途中の
信号のない十字路の脇から、いきなり男が飛び出してきて、横から
体当たりしてくるそうで…

そうなりますと、自転車に乗っている方はバランスを崩し、その場で
転倒してしまうわけで…

場合によっては大ケガをすることも。。。

被害に遭ったのは、2人ともイトーさんの管轄のバイトです。

これは、たまたまの偶然だろうと思いますが、水曜日にやられたのは、
30を少し過ぎた女子バイト。

昨日は50代後半の女子バイト。

今朝からセンター内では、この事件に関する話題で持ちきりです。

  まぁな、こうしていろんな花が
  咲く頃になると、おかしなヤツも
  出てくるわなぁ…。

笹やんは、仕分け用の帳票をまとめながら、そう言いました。

  それで、二人ともケガはなかったの?

心配そうに尋ねる1人の熟年女子バイトに、若手バイトのリーダー格
であるスダさんが答えました。

  二人とも大したケガはなかったみたいで、
  でも…、

ここで言葉を切ったスダさん。

  でも…?

  でも、どうしたの?

  何よ?
  どうしたのよ?

数名の熟年女子バイトから詰め寄られるスダさん。

  Aさん(30チョイ過ぎ)は、体当たりされて
  転んだ時、男が馬乗りになって襲ってきた
  そうで…、
  でも、何とか反撃して、そのおかしなヤツ、
  逃げて行ったみたいっス。

そう答えると、熟年女子たちは一斉に、

  うわぁ~!
  こわ~~い!

肩をすくめて、気味悪そうな声をあげました。

さらに、スダさんが続けて、

  Bさん(50後半)も、馬乗りされたみたい
  ですけど、目が合ったら、男の方から
  逃げて行ったそうで。。

と言うと、

  ・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・?

熟年女子たちは一斉に怪訝な顔に…

ここで笹やん、ニヤ~ッと笑って、

  その男、ちゃんと相手を
  選んだわけか…。

と言い、ここで男子バイトたちは笑いましたが、熟年女子バイトの
リーダー格・キノシタさんが、険しい表情で、

  おいっ!スダ!
  そんな冗談言っとる場合ちゃうやろ!

スダさんを戒めました。

スダさん、頭を掻きながら、曖昧に笑っています。。。

ま…、スダさんのしょ~もないジョークはさておき…

犯人は、夜間、自転車に乗っている女子を、人気のない路地で
待ち伏せし、横から体当たりして転倒させるだけでなく、暴行を
目的としている可能性もあるようで。。

なお、被害に遭った二人の話によりますと、犯人の男は、

  ●30代
  ●ヤセ型
  ●ジーンズ姿だったような…

だったそうで…

  って、それ、イトーやないか!

笹やんが大声で言いました。

ここでバイト全員、爆笑です。

笹やんは、隣で作業しているイトーさんチームへ顔を向けると、
すぐさまAさんを見つけたらしく、

  おう、Aさん。
  思い出させて申し訳ないが、体当たりしてきた
  男の目を見たか?
  そいつの目、キョロキョロ泳いでなかったか?

そんなコトを尋ねるものですから、僕らは再爆笑!

Aさんも、

  あぁ…、いえ…、暗かったし、
  確か、サングラスしてたんで、
  わかりませんでした。

案外、明るく答えるのでした。。。

この分なら、Aさん、心のケアとか、要らないみたいです…。

今度は笹やん、イトーさんに向かって、

  おい、イトー!
  おまえがやったんじゃねーのか!?

大声で言うのでした。

  ンな、アホな。。

そう言って、早速、目を泳がせるイトーさん。

  それじゃ、何でそんなに
  目ぇ泳がせとンじゃい?

そんな笹やんのツッコミに、ますます高速で左右に目を泳がせて
しまうイトーさん。。。

さすが“泳ぎ目のイトー”と呼ばれるだけあります!

見事なほどキョロキョロと小刻みに、かつ正確に左右に泳がせて
いるのです!

  だ、だって、いきなり
  そんなコト言うから…。


ところで・・

既に警察へ被害届を出しているそうで、毎夜、一定時間にバイクで
巡回して警戒することになったそうです。

そして、昼休みが終わって1時15分・・

2人の警察官がやってきて、改めてAさん、Bさんから犯人の顔、体型、
その他、いろいろ確認していきました。

その時の警察官の話によりますと・・

この近辺で、同じような事件が発生しており、腕の骨を折った若い
女性もいるとのこと。

昼からの作業が一段落し、僕らは作業場から出て、休憩することに
しました。

その場でも話題は、この事件のことばかりで・・

  う~ん、やはり犯人は、この辺りの
  地理に詳しいヤツだろうな。

タバコをくわえ、腕組みして、そんなコトを言う笹やん。

  そこの先に総合病院があるでしょ。
  そこへ勤めている看護士さん、まだ20代だけど、
  自転車を押し倒されて、まともに顔を地面に
  ぶつけて、酷いアザになっちゃったそうよ。
  かわいそうにねぇ…。

1人の熟年女子が、新たな被害状況を聞きつけたらしく、そう話して
いました。

そこへイトーさん、何食わぬ顔をして、こちらへやってきます。

  30代でヤセ型で、ジーンズ穿き…
  コレ、どー見たってイトーだろ?

そう言ってから、笹やんは笑いを噛み殺すような顔で、

  おい、イトー!
  やっぱ、おまえじゃね?

と言いました。

笹やんは笑いを堪えていますが、僕らはもう、声を大にして笑って
います。。。

  オレじゃないですって!
  もう勘弁してくださいよぉ・・。

もうイトーさんも、こうした雰囲気に慣れたと言いますか、とにかく
目を泳がせることなく、受け答えできるようになっています。

  おまえ、奥さんと子どもがいるくせに…
  女を押し倒して、しかも手当たり次第に…


  オレじゃないですって!


  それも馬乗りになって…
  発情期か、おまえ。


  オレじゃないですって!


  おまえみたいに、日頃、大人しげなヤツが
  一番あぶねぇンだよ…。
  暖かくなってくるとおかしな真似したがるンだよ…。


  オレじゃないですって!


  おう、おまえ、自分のバイトだけにしとけよ。
  オレのバイトに手ぇ出すんじゃねーぞ。
  いくら発情期でもナ。。


  オレじゃないですって!

このように物騒な事件が起きている中、こうしてふざけたコト言って
いられるのは、笹やんだからこそ…かも知れません。

何はともあれ、これからの時期、夜の外出には、特に女性のみなさん、
充分、お気を付けください。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0) 

人生は暇つぶし

人それぞれ、それぞれの人生があるモノで・・

こちらは、ニート歴10年になる35歳の男性で、本人は自分のことを
プロニートって言ってます。。。

彼は、現在、実家暮らしの頃に貯めてきたお金を少しずつ切り崩し、
水道光熱費込みのシェアハウスで生活しています。

そこで暮らすためには月々3万円を支払わなくてはなりません。

その他、最低限の食費など、ニートだろうと何だろうと、生きて
いればお金は掛かるわけです。

が…

彼は働かないのです。

税金を節約するため、働かない。。。

また、シェアハウスの他の住人とはコミュニケーションを取らない
ことにしています。

さらに友だちも作る気がないとのことで・・

交際費を節約するためだそうです。。。

彼が言うには、

  「働かない」「動かない」「群れない」の
  3つが低燃費生活には不可欠です。
  孤独こそ最大の節約なんです。

とのことです。

一日、ほとんど布団の中で横になっていて、目が覚めるとネット
サーフィンなどをしているそうで・・

食事は、バランスなど全く無視した内容で、ほとんど「うまい棒」を
かじっているとか・・

そうか!

これがプロニートってわけか!

で、楽しいの?

・・・って、初めは思いましたけど、彼の言っていることを聞いていると、
それもまた人生だと思うようになりました。

  人生は暇つぶしなんですよ。
  この先、お金なんてどうなるか
  わかりません。
  今の自分に何のポリシーもありませんし…。

・・・う~ん、深いっつーか、淡麗っつーか。。。

「孤独こそ最大の節約」とか、「人生は暇つぶし」とか・・

結構、イイこと言うよナ、この人…。

ニートと言う生活には賛同しませんけど、これらの言葉については
ちょっと感動したです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0)