So-net無料ブログ作成

________________________________________________________________________

いよいよ中国も…

このところ、中国の不動産市場は軟調気味らしいですね。

例えば、上海市では不動産成約率が確実に下がってきている
みたいで、以前なら、竣工前に売り切れてしまうことが当たり前と
思われていたそうですが・・

最近は売れ残ることが続出。

特価販売会みたいなイベントまで開かれるほどだとか。。。

一方、賃貸相場は高騰しているようで、契約更新時などは大家さん
から、いきなり2割、3割もの値上げを言い渡されることもある
そうで・・

  ええっ!?
  そ、そんなアホな!

賃借人が抗議しようもんなら・・

  何や…?
  イヤなんか?
  そんなら出てってや!

日本と違って、中国は居住権ってヤツが存在しませんので、イヤなら
出ていくしかありません。

出て行くのがイヤなら、言われるまま高い家賃を払うしか。。。

そんなワケで…

  新規で成約が取れなくなってきたンで、
  今の物件の家賃上げたれ!

そうやって少しでも稼ぎたい…ってコトらしいです。

どうやら中国では、中間層の可処分所得が減少しているみたいで・・

消費マインドを表す「消費者信頼感指数」を見ますと、昨年2月は
24ポイントでした。

これが昨年6月になると18ポイントと大きく低下!

現在まで、特に改善が見られていないとのことです。


・・・・へぇ~

少し前から、そろそろ中国、厳しいかも…って言われてたけど・・

こいつは、いよいよかナ。。


とは言え、富裕層は相変わらず羽振りが良いとも言われていて・・

いわゆる庶民の懐具合が悪化しているみたいです。

この現象は、近頃の日本と似ているとも言えますね。。。

一部だけが稼ぎ、多数は節約しながら暮らしていく・・

日本と違って、中国は母体がデカいですから、こんなのが続くと・・

ある日、突然、ガクン!って感じで世界的に景況が悪化してしまう
のでしょうか?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感