So-net無料ブログ作成
●●皇潤極はこちら
●●男のサプリ!クラチャイダム
________________________________________________________________________

笹やん 武勇伝

今朝、バイト先の冷凍食品センターへ行ってみると・・

我らが笹やんチームに、僕より2つ、3つほど年上と思われる
あまり見慣れない男性が作業をしていまして・・

背はそれほど高くなく、ぽっちゃり体型で、童顔で・・

なので、温和な性格の人だろうと思っていたら、

  あいつ、あちこちでケンカするから
  「ケンカ屋・ヤスダ」って呼ばれてるんや。。

と、バイト仲間の一人が教えてくれました。

そのヤスダさんとは・・

元々、ここでドライバーをしている人だそうですが、例えば、
何らかの理由で納品が遅くなってしまった際、納品先から、

  もう少し早く持って来てくれないと
  仕込みに間に合わないだろ。

と言われたりすれば、

  道が混んでたンで、しゃーねーだろ!
  オレだって、少しでも早く納品するつもりで
  飛ばしてきたンやぞ!

と、ブチ切れて怒鳴り、得意先を驚かせるそうで。。。

  すみませんでした。
  以後、気を付けます。

こう言えば済むものを、怒鳴るものですから、得意先としても、

  何や、このドライバーは…

ってコトになり、センターへクレームが入るわけです。

また、他のドライバーとも、積込みの順番を争って、度々ケンカを
するそうです。

それと、商品を間違えて納品した時には、

  こんな間違えやすい商品名にする方が
  悪いンやろ!
  すぐに品名を変えろ!

などと庫内の作業者に怒鳴り散らすそうです。。。

庫内作業者としては、

  オレにそんなコト言われたってナァ…。

戸惑うしかありません。。。

とにかく、すぐにブチ切れる…。

謝ることを知らない…。

誰彼かまわず怒鳴る…。

それで、ケンカ屋・ヤスダと呼ばれるようになり、ドライバーや
得意先から、やたらクレームがつくので、しばらく庫内作業を
させることになったみたいです。

が…

庫内でも…

あるバイトが、商品を作業場まで出庫すると、

  そんな所へ置くな!
  邪魔になるやろーが!

いきなり怒鳴り出し、

  一度にそんなたくさん持ってこんでも
  エエやろ!
  このスペースを見て、わからんのか!
  さっさと除けろ!

と、そのバイトにキツい口調で喚くので、相手もムカッとしたらしく、

  いつもこの商品は、この場所に
  置いとるんじゃ!
  わかっとらんのはオメーの方やろ!

そう怒鳴り返したそうで・・

そこから10分以上、怒鳴り合いが続いたみたいです。。

その次の日には…

社員のナカガワさんが、ヤスダさんに商品の仕分けを指示すると、

  今、こっちの商品を出しとるから
  手が回らんやろ!
  オレじゃなく、他のヤツにやらせろ!

やはり、いきなり怒鳴り出し、

  こっちは、まだ慣れとらんのやぞ!
  それくらいわかってくれてもエエやろ!

と、立場を逆転させてしまったそうで。。

  まあー、アイツの面倒は見切れん。。。

とうとうナカガワさんも愛想を尽かし、ヤスダさんを別のチームへ
移してほしいとセンター長に泣きついたほどで・・

そんなわけで、3日前から笹やんチームに配属されちゃったようです。。。

既に、ケンカ屋・ヤスダのことは、笹やんチームのバイトの耳にも
伝わっているようで・・

バイトたちは誰も、ヤスダさんに近づこうとも、話しかけようとも
しないのでした。。。

これは笹やんも同じらしく、ヤスダさんに適当な作業をさせ、遠目に
見ているようです。

そんな見掛けとは大違いのヤスダさんの特徴は、息づかいでして・・

商品を運んだり、仕分けたり、とにかく動いている時に、

  す──── す──── す────…

と、異様に大きな息づかいの音が聞こえるのです。

吸っている時の音なのか、吐いている時なのか、よくわかりませんが、
少し離れた所からでも、

  す──── す──── す────…

はっきり聞こえるのです。。。

昼過ぎの作業時・・

僕が、大量の冷凍バラ肉のケースをカゴ車に積んでいると、

  す──── す──── す────…
  す──── す────…
  す──── す────…

  す──── す──── す────…
  す──── す────…

  す──── す────…
  す──── す────…

  す────…

めちゃくちゃ背後から聞こえるではありませんか!

思わず振り向くと、ヤスダさん、僕の真後ろで、冷凍バラ肉のケースを
別のカゴ車に積んでいて、そのカゴ車に満載したようで、彼はケースを
両手に抱え、僕の真後ろに立っているのです!

どうやら、僕の積んでいるカゴ車へ積みたいみたいで・・

それで、目が合って・・

童顔で、まん丸の目で、それが合っちゃって・・

そんな顔で、

  す──── す──── す────…
  す──── す────…

って、まだ息を吸ってるんだか、吐いているんだか、よくわかりませんが、
その音が続いていて・・

ぶっちゃけ不気味!

メッチャ怖かったです…。


さて、午後2時を少し過ぎた頃・・

60歳を超えていると思われる男性が、防寒着姿で庫内にやってきました。

バインダーを持って、何やらペンで書き込みながら、作業場を回って
チェックしているみたいです。

笹やんは、

  どうせ、どっかの施工業者のオッチャンが、
  現場の確認に来たんやろ。

などと言っていました。

そのオッチャンは、特に僕らの作業場を念入りにチェックしているようで、
チョロチョロと動き回り、作業スペースを目測してみたり、壁面の材質を
確かめたりしているようでした。

そのオッチャンが来て、10分、15分ほど経ったでしょうか。

いきなり、ヤスダさんの怒鳴り声が響き渡りました。

  ちょっと!邪魔…!
  邪魔なんやて!

どうやら、チョロチョロしているオッチャンに向かって怒鳴っている
ようです。

  邪魔やって言ってるやろ!
  アンタ…!アンタのことやぞ!

ヤスダさんは、オッチャンを睨みながら、なおも怒鳴るのでした。

オッチャンは、案外、落ち着いた態度で、薄ら笑いを浮かべながら、
ヤスダさんを見返しています。

  アンタ、どーゆーつもりか知らんけどサァ!
  さっきから、こんな所でチョロつかれちゃ
  邪魔でしゃーないンやわ!

僕らバイトだけでなく、笹やんも黙ったまま、この二人の様子を見比べて
いるのでした。

そこへセンター長が駈け込んで来たのです!

めっちゃアタフタした顔をして、センター長、息を殺すような勢いで
駆けてきました。

そして・・

  おい!ヤスダ!!

思いっきり大きな声で、叫ぶように言いました。

アタフタ、おたおた…、センター長は泣きそうな目をしています。

  ヤスダ!
  オメー、なに考えとるンや!

絞り出すような声をあげるセンター長に対し、オッチャンの方は、妙に
ゆったりとした動作で、

  まあまあ、コサカくん…

そう言って、片手を上げ、センター長を制する仕草をしました。

それでもセンター長は、ヤスダさんに向かって大声で言います。

  オメーは…、ったく、もう!
  取締役の顔ぐれえ、ちゃんと覚えとけ!

・・・・・・・・・・オッチャンではなく・・、ここの取締役の人だったンですね~。。。

  バカヤロー!

センター長に怒鳴られたヤスダさん・・

  す…!

そんな息づかいの音が・・

でも、やっぱ、吸っているのか吐いているのか、どっちの音なのか
わかりません…。

この時、チラッと笹やんを見ると・・

複雑な笑みをたたえ、楽しそうに、この光景を見ているのでした。

複雑な笑み…と言いますのは、笹やん自身、この取締役のことを、

  施工業者のオッチャン

呼ばわりしてたので、うっかりしていたら、自分がセンター長から
怒鳴られていただろうなぁ…って、思っていたのかも知れません。

でも、まぁ、ここは笹やんにしてみれば、

  ヤスダの野郎、散々、叱られやがって…、
  ハッハッハ、オレじゃなくてラッキーだぜぃ!

って感じでしょうか。。。

どうやら、取締役の人は、このセンターの増床計画に伴い、自主的に
現場視察に来たそうです。

センター長に叱られても、ヤスダさん・・

  こんな日曜日に来んでもエエやん!
  紛らわしいッ!

そんな空前絶後のセリフまで飛び出す始末。。。

センター長は、険しい目つきになったり、怯え切って泣きそうな目つき
になったり・・

こりゃ、後から取締役のオッチャンに、かなり絞られるだろーナ。。。

そのセンター長の顔を、笹やんは、にんまり笑いつつ見ているのでした。

そして、本社の取締役を相手に、散々、邪魔扱いした上、紛らわしい!と
まで言い放ったヤスダさん・・

このことは「ケンカ屋・ヤスダ」の武勇伝として、笹やんの口から
語り広められていくのでした…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感