So-net無料ブログ作成

________________________________________________________________________

ウチ飲みの醍醐味

近頃は、ちょっと前に比べると、フトコロも暖かくなってきたんで
仕事帰りに仲間と一杯!

そんな人、少なくないかも知れませんね。

それでも、節約志向は依然高いと言われている中、ウチで飲むと
言う人も、結構いらっしゃるんじゃないですか?

僕なんか、もう断然“ウチ飲み”ですね。

外で飲むなんて、ほとんどありませんね。

仕事で出張した際、時々、外へ出掛ける程度です。。。

さて…

やはり節約のためにと、ウチ飲みに切り替えたと言うお酒好きな
人がいらっしゃって、その人によりますと、

  外で飲むより出費が増えた!
  これじゃ節約になっとらん!

って、首をひねっていました。。。

首をひねりたいのは、聞いていた僕の方です。

どう考えても、そんなコトあり得ない…ってのが、僕の感想です。

もし、本当に外で飲むより出費が増えているのであれば、めっちゃ
高額な酒ばかり買い揃えて、それをメチャクチャたくさん飲んでると
言うことになります…。

だって、仮に日本酒であれば・・

例えば、新潟の銘酒「越乃寒梅」としましょうか?

酒屋で買えば、1升2500円程でしょうか?

グラスに注ぎ、冷やで飲むとして、1杯が1合として250円。

これが外で飲むと、どうでしょう?

1杯は1合(180ml)もありません。たいてい150ml程ですね。

これで越乃寒梅ですから400円、500円はとられるンじゃないですか?

1升当たり、150mlであれば12杯分。

  12杯×400円=4800円

これが外で飲んだ場合の酒代になりますね。

同じ量をウチで飲めば2500円。

このように、単純に同じ銘柄の酒を、同じ量だけ比較すると、断然、
ウチで飲む方が安上がりです。

が…

たぶん、この人、外で毎日飲んでいたわけじゃなく、例えば、
週に1、2回で・・

それをウチ飲みに切り替えた途端、毎日、高い酒をたくさん飲む
ようになったので・・

それで出費が増えたと言っているんじゃないかと思います。

そんな高い酒ばかり飲んでたら、お金が掛かるに決まってるから、
そこはバランスよく。。。

日本酒、焼酎、ワインにウイスキー、それぞれ、星の数ほど
銘柄があって、その分、値段もマチマチ・・

それらを組み合わせ、毎日、ウチで心ゆくまで飲む!

例えば、安い日本酒は最初に飲んで、後から高いヤツを飲めば
ガッカリしない。。。

ウイスキーもペットボトル入りの安い大容量のヤツは炭酸で
割って、ハイボールでやれば充分にイケる!

ちょっと高めのスコッチ、バーボンは食後にロック、ストレートで・・

そうやって、ウチで独り、チビリチビリと、ある時はガブガブと
心ゆくまで飲む・・

思いっきり飲んでください!

帰る心配なんてありません!

解放感と安心感に浸りながら、存分に酒を楽しんでください!

これがウチ飲みの醍醐味です!

・・・・って、とりあえず、その人にアドバイスしてみました。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感