So-net無料ブログ作成
●●口臭・体臭にはシューナックス
●●頭皮イキイキ!バイタルウェーブ スカルプローション
________________________________________________________________________

スゴいな一風堂

一風堂と言えば、30年ほど前に福岡市で創業し、今や知らない人は
いないほどの人気ラーメン店ですね。

日本では福岡市が第一号店でしたが、海外では米国・ニューヨーク
から出店を開始したそうです。

いきなりニューヨークです!

2008年の開店ですから、10年前…

まぁ、既にその頃、日本食は世界から注目されていたようで、
売れる!って勝算はあったみたいですが…

苦労したのは原料の仕入先。。。

一風堂ですから豚骨ラーメンなわけですが、米国では豚骨
なんてタダの廃棄物。。。

なので手に入れようにも、入らない。。。

かと言って、日本から輸入したら、べらぼうに高くなって
しまう!

あちらこちら奔走した結果、何とか仕入先を確保することが
出来たとのことです。

  さあ、これで旨いラーメンを
  ニューヨーカーにも食べて
  もらえるぞ!

ってコトでラーメンを作ってお客さんたちに出したのは
イイんですが…

日本人と違って、さっそく割箸を割って、勢いよく麺を啜ったり
しない。。

食べるペースが違うわけです。

ゆっくり、会話を楽しみながら…って、そんなことしてたら
麺が伸びちゃっておいしくなくなっちゃう・・!

そこで、試行錯誤の末、製麺方法を変更して伸びにくい麺を
開発し、それを使うことに。。

さらにワイン、日本酒などと共に、枝豆、サラダと言った軽い
酒のおつまみもメニューに加え、ニューヨーカーの外食スタイル
に合せることに…

これが好評を得て、海外出店は大成功☆

米国に続き、現在は、シンガポール、中国、イギリスにフランス、
オーストラリアなど、12ヵ国で70店舗ほどを展開。

今後の計画では、2025年までに海外店舗を300店にするとのこと
ですから、7年間で4倍強の店舗数に!

  なるほどねぇ…
  国内での外食市場は人口減少やら
  超高齢化やらで縮小するけど、
  海外なら日本食ブームも手伝って
  高成長が望めるってワケか。。

これからの外食業界は、海外頼みの色合いが濃厚になるでしょうね。

仕入先の確保、それと、現地の食のスタイルに融和させることが
出来れば、成功が見込めるわけです。

  スゴいな一風堂

って感心する記事を読みました。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

会社に誇りや愛着を持っているか

人材・求人サービスのアデコが「会社や仕事への愛着」に関する
調査を実施しました。(2017年10月・回答者数1993名)

これによりますと…

【会社に誇りや愛着を持っているか】
  そう思う(48%)
  思わない(19%)
  どちらともいえない(31%)

ってコトで、半数の人たちは、自分の勤め先に愛着を持っていると
答えています。

なお、在籍期間別に見た場合、入社して2年目までは愛着を持つ人の
割合が高いものの、それ以降は減少する傾向があるようで。。

また、勤続年数が長くなっていくと愛着を持つ人も増えてくるとの
ことです。

まぁ、アレですね…

入社して間もなくは情熱に満ち、やる気もみなぎり、

  この会社のために
  やってやる!

って気になっているわけですが、3年、4年も経ってくると、
仕事に慣れてくる反面、黒い部分も見えてくるわけで…

で、、

20年、30年…、いわゆるベテランと呼ばれるまで勤め続けている
うちに、黒い部分にも慣れてしまい、

  まあ、人生こんなモンだろ…
  ウチの会社もこれで結構、
  イイもんだよ。。

すっかり馴染んじゃうんですね~。。。

僕にもよくわかります。

僕も、今の勤め先について、誇りには思っていませんが、まあ
愛着は持っているつもりです。

さて、もうひとつ、興味深い調査結果をご紹介します。

【友人に自分の会社への転職を薦めたいと思うか】
  そう思う(19%)
  思わない(34%)
  どちらともいえない(43%)

ってコトで、勤め先へ愛着を持っている人たちが半数ほどでしたが、
友人へ転職を薦めるほどの愛着は持っていないと・・

ってか、3人に1人は、自分の勤め先への転職について、

  やめとけ!
  ゼッーータイやめとけ!

って言っているわけで・・。

まぁ、アレですね…

友人にまで薦められるほど、誇りと愛着が持てる会社って、
そうそうあるモンじゃなし…

それぞれ黒い部分もあり、キツイ部分もあり…って会社が
それだけ多いというわけでしょうね。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




タグ:転職 会社
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

離婚の三大理由

倦怠期と言いますのは、たいてい結婚して3年目にやって来る
ものらしいです。。

ウチもそうでした…、いや、もうちょっと早かったかな…、
2年と数ヵ月…だったかな。。。

まぁ、誰だってそうでしょうけど、新婚当初ってのは熱々の
ラブラブでして、相手の至らぬ点、良からぬ点さえ愛おしく
思えるモンですが…

そのうちに生活にマンネリ感が出てきまして…

こうなりますと、もう…、新鮮味は失せてしまい、相手の
嫌なところばかり目について、

  なんでこんなの好きに
  なったんだろ?

って気持ちが先行するモンです。。。

厚労省の統計を見ましても、熟年離婚が増えているとは
言うものの、結婚して5年未満の離婚が全体の3割ほどを
占めています。

僕の知っている人、また、中学、高校時代の友人などでも
3組は3、4年目に離婚しちゃいました。。。

で…

離婚の三大理由ってのをご存じでしょうか?

ま…、改めて言うまでもない内容で、どなたも耳にしたことが
あると思います。

  ●生活のすれ違い
  ●価値観の違い
  ●愛情が冷めた

ね?

何度も耳にしたことありますでしょ?

なかには相手から酷い暴力を受けたとか、全然働かなくて食って
いけないから…などの理由もあるでしょうけど、断然、上記の3つ
らしいです。

で、これら3つが結婚して3年目から激しく感じるコトみたいで、
これらにより倦怠期が引き起こされるわけで・・。

  どこへも連れて行ってくれない!


  働きに出ているわけじゃないのに、
  まともに家事ができない!


  毎晩お酒ばかり飲んで、
  イビキがうるさ過ぎ!


  働きに出ているわけじゃないのに、
  ムダ使いが多い!


  とにかく足が臭い!
  臭過ぎ!


  働きに出ているわけじゃないのに、
  食うのは1人前以上!

・・・・・など、僕とウチの悪妻の間でも倦怠期から、こんなふうに
相手の嫌な部分が目につき、次第に価値観の相違を感じてくれば、

  そりゃ愛も冷めてまうわなぁ~。。

ってコトです。

しかし、まぁ、これで結婚生活17年、いや、18年か…?

とりあえず続いてます。まだ子どもが高校生ってコトもあるの
ですが、最近、思うことと言えば…

  倦怠期を乗り越えて、もう後は適度に
  距離をおいてりゃ、離婚するより
  面倒がなくて…
  まともに家事ができねえコイツだが、
  何とかメシの支度はするし、暮らしに
  困ることはねえ。

そう。惰性と諦観の暮らしが待っているわけです…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もうオレ、ここまでだナ…。

パーソル総合研究所が「働く1万人成長実態調査」を実施しました。
(2017年3月調査)

この中で『ミドル・シニア社員の就業意識』について、次の通り
発表しています。

  出世意欲について調査したところ、
  年齢が上がるにつれて出世意欲は減退し、
  42.5歳で「出世したいと思わない人」が
  「出世したい人」を上回った。

  また、自身のキャリアの終わりを意識して
  いるかどうかについても聞いたところ、
  キャリアの終わりを意識している人と
  そうでない人との境目は、45.5歳という
  結果になった。

ってコトで…

働く人たちの多くは、40代半ばになれば、出世意欲が失せ、

  もうオレ、ここまでだナ…。

そんなコトを思うようで。。。

また、40後半になると、多くの人は、自分の希望通りに成長する
ことなく、現在に至っている…って思うらしいです。。

  若い頃は、部長になってやろう!なんて
  思ったりしたモンだが、こうして今、
  50間近になっても、係長クラスだ…。
  これが現実ってヤツだよナァ…。

こんなふうに、大きくギャップを感じてしまうことがあるみたい
です・・。

わかりますね。。

僕も同じです。。。

っつーか、ウチの会社、出世しようにもポストなんてありませんし…

  どうせナァ…
  頑張ったところでタカが知れてるンだよ…。
  若いときゃ「よっし、オレがやってやる」
  とか気張ったりしたけど、もうダメだぃ。。
  そんな気にもなりゃしねぇ…。

動き過ぎず、怠け過ぎず…

余計なコトに口を出さず、手も出さず…

見なかったこと、聞かなかったことにして…

そうやって日々を過ごして行ければ、それが普通に幸せ…ってコト
かも知れないナァ。。

近頃は、そう考えたりもするンです。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




タグ:出世意欲
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱ、日本には畳の部屋

仕事で住宅や飲食店、それに最近は、介護施設の内装を
手掛ける機会が増えました。

それで思うコトと言いますと…

  やっぱ、日本には畳の部屋だ!

ってコトです。

西洋化、または、近代化と言うことなのか、畳敷きの和室が
なかった住宅でも、リフォームの際、

  やっぱり、一部屋くらい和室が
  欲しいから…

ってコトで、6畳から8畳の和室を設けるお宅が増えていますし、
飲食店でも、テーブル席の一部を畳敷きの掘りごたつ席に改装
するお店が増えました。

畳&掘りごたつ…、コレ、外国のお客さんにウケるそうです。

掘りごたつなら、足も疲れないし、普通にナイフ、フォークを
使っての食事もできますから。

それと介護施設ですね。

室内は洋風のフローリングですが、一部に畳マットを置いて、
そこに座布団を敷いて座ってもらうことができます。

  長い時間、座っていられないけど、
  やっぱり、畳の上の方が落ち着くワ。

そんな高齢の方もいらっしゃるわけで、

  何より、新しい畳の匂いが好き。
  気持ちがすっきりする☆

それで畳マットは重宝してもらっています。

元来、国土の狭い日本においては、畳が絨毯の代わりであり、
簡易な寝床にもなってきました。

テーブルや椅子、ベッドを置く必要がなくスペースの確保にも
つながり、何かと経済的でもある生活文化のひとつだと思い
ますね。

  何だカンだ言って、やっぱ、
  畳のある暮らしが日本人には
  一番合っているかもナ

なんて思ったりもします。

で…

狭い我が家にも、6畳の和室があるのですが、その部屋は
もう随分前から、ウチの悪妻と超反抗期の娘の寝室にも
なっていて…

僕は、ほとんど足を踏み入れることがありません。。。

時々、中を覗くと、畳が擦り切れてボロボロになっている
部分があるようで。。

それを見る度に、

  女房と畳は新しい方が良い

この格言、つくづく胸に沁みるのです…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アジフライ定食 500円

昼に入った食堂のアジフライ定食。
T_500_1806.jpg
これが500円でした☆

全体的に、どの定食や丼モノも格安な値段で設定されて
いるようですが『500円』メニューは、アジフライと
親子丼の二品だけでした。

なので…

  親子丼にしようか、
  アジフライ定食にしようか…。

しばらく迷いました。

それも真剣に迷いました。。

額に汗するほど悩み、悩み抜いたあげく…

  アジフライ定食ください☆

お茶を持ってきてくれたおばちゃんに注文しました。。

そして、運ばれてきたアジフライ定食は、期待を裏切ること
のない優れた風貌でした。

何と言ってもアジの大きさ!

これが実に良いです!

アジフライに相応しい大きさ!

大き過ぎず、小さ過ぎず、まさにアジフライサイズのアジで
した。

食べてみると、ほっこりとした歯応え。臭みが全くなくて、
ほんのりと甘みさえ感じられます。

  ここの店主は、アジの
  目利きが出来ている!
  アジフライに自信を
  持っている!

僕は、満足気に大きく頷くのでした。

ごはんも上手に炊き上げられていて、丁寧、且つ、真摯な
仕事振りに感動しました。

この先、国をあげて大切に保存しておきたい格安食堂です☆
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笹やん 迷走中

今月から、晴れて正式に数社の納品先を担当することになった
オーシバさん。

彼は、バイト先の冷凍食品センターの最年少社員です。

今年3月、ここへ入って来るなり、我らが笹やんの下、適切(?)な
指導を受け、こうして納品先を担当し、バイトたちを管理する
立場になったわけです。

が…

彼は、25歳という若さと、その性格の大人しさゆえに…

早くもバイトたちから、ナメられまくっていたのでした。。

彼より5つも年下のバイトから平気でタメ口を使われていたり、
中には全く言うコトを聞かないバイトもいたり…

まぁ、それでも何とか作業は回っているみたいですが…

時々、オーシバさんチームは、やや大きめのミスをやらかして
います。

オーシバさん自身、まだ経験が浅いため、ミスが多いことは
事実です。。

それで今日…

オーシバさんの担当する中規模のラーメンチェーン店の商品で
「豚バラブロック」と言うのがありまして…

それは“不定貫商品”と呼ばれている部類の商品で、規格が
一定ではありません。

同じ豚バラブロックでも、それぞれ重量が異なっており、伝票を
発行する際、小数点第一位までの重量を入力し、単位項目は
「Kg」を選択しなければなりません。

なのに…

オーシバさん自身なのか、はたまた、バイトの誰かが間違えたのか・・

単位項目を「個」で入力した伝票が数枚あったようで、それらは
全て「単位エラー」ということで、発行された伝票上の数量は
空白になってしまっているみたいです。。。

ってコトで、商品だけは納品されたけど、価格請求できない状況に
なっているみたいです。。。

今朝、入出庫を専任する社員のタカハシさんが気づき、予定在庫の
数量に誤差があるので調べてみたところ…

  あっ!
  単位エラーで数量が空白になったまま
  伝票発行されちゃってる!

さらに、

  あっ!
  これらの数量が在庫誤差と
  ピッタリ合っちゃってる!

それで、

  あっ!
  この商品の納品先は「××亭」だから、
  オーシバくんの担当だ!

と言うことが判明。。。

すぐさま、タカハシさんは、オーシバさんのところへ行って
事情を説明したそうですが…

どうもオーシバさん、理解できていなかったらしく、

  はぁ?
  それで、どうなるんですか?

そう聞き返したとか。。

  どうなるって…、数量が空白の分は、
  ××亭へ請求できないじゃん!

タカハシさんがそう言っても、

  ナンでですか?
  請求できないのはナンでです…?

オーシバさん、不思議そうな顔でタカハシさんへ尋ねたとか。。

  アカンなぁ、こいつ…。

たぶん、タカハシさんは心の中で、そう思ったかも知れません。。。

とりあえず、この状況をセンター長へ説明することに…

それを聞いたセンター長…

大いに驚き、大いに慌てふためいたそうです。。

  だっ…!?
    はっ…!!
  と、とにかく明細を書面化しろ!
  豚バラの現時点の現物在庫を拾い出して、
  入庫票をもう一度確認しろ!
  誤差数量に間違いなければ「××亭」の
  エラー伝票を抜き出して、店舗別の明細を作れ!
  それを本部へ提出し、事情を説明して
  理解してもらうしかないやろっ!

そんなような事をタカハシさんに、喚くように言ったとのことです。

しかし、これはタカハシさんの仕事ではありません。

オーシバさんがやらなければいけない事です。

それにタカハシさんは、これから大量に商品を出庫する大仕事が
待っているのです。

その旨をセンター長に伝えると、

  オーシバ!
  すぐにオーシバをここへ
  連れて来いッ!
  
そう叫んで、センター長がオーシバさんに処理方法を指示した
ようです。

が…

センター長の言っている意味がわからないのか、オーシバさんは…

ぷるぷるっ…

細かく頭を振ったようで。。

  どうしたんや?

怪訝な顔でオーシバさんに尋ねるセンター長。

するとオーシバさんは、こう答えたそうで…

  あの、片頭痛で…
  ちょっと頭、痛くなってきて…

そうしたらセンター長が、こう叫んだそうで…

  アタマ痛いのはこっちやわっ!
  意味がわからんのなら、
  笹○のところへ行って、一緒に
  手伝ってもらえ!

と、若くて未熟なオーシバさんを突き放したのでした。。。

概ね以上のことを、オーシバさんの口から聞いたのが、昼前の11時頃…。

僕らバイトは、作業をしながら、腹の中でニヤニヤしつつ、聞き耳を
立てるのでした。。

で…

それを聞いた笹やん。。

  って、オレのところへ来ても…

キョトン顔をしています。

  すみません…。
  どうしたらイイですか?

オーシバさんとしては、今や頼れるのは笹やん一人だけ…。

  だから、オレんところへ来ンな!


  どうすればイイです?


  ・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・。。

目をパチクリさせて無言で突っ立っている笹やん。

そこにセンター長がやってきて、

  笹○!
  おまえ、オーシバと一緒に在庫を
  拾い出せ!

と指示しました。

  ええぇぇ───っ!?
  どうしてオレが?

大袈裟に言い返す笹やん。

  そう言わず、面倒見てやれ!
  なぁ、元々、おまえが
  オーシバを指導したンやろ?


  はあぁぁ───っ!?
  意味わからんしッ!


  とにかく頼むぞ!
  急いでやれ!

完璧にムチャ振りされた笹やん。

舌打ちしつつ、オーシバさんを連れて事務所へ行きました。。

30分ほど経ったでしょうか。

B4サイズの用紙を手にしたオーシバさんが、笹やんの後から
モタモタと作業場へ戻ってきました。

  すみません、笹○さん。
  これをどうしたらイイですか?

そう尋ねるオーシバさんを、イラッとした目でにらみつけて、

  って何でもオレに聞くな!
  自分で考えろ!

吐き捨てるように言う笹やんでしたが、しばらく二人で黙々と
入庫票と在庫誤差を確認していたようです。

それが終わると、オーシバさん、か細い声で尋ねます。

  すみません。
  で、どうしたら…


  ・・・・って、おまえナァ・・。

苦り切った顔の笹やん。

何とか一緒に、数量が空白で発行された伝票と照合しています。

  笹○さん、すみませんが、
  この後、どうしたら…


  ・・・・・・・・、
  おまえ・・・・・、
  なぁ・・・・。。

今、笹やんは、40も年下のオーシバさんのせいで、完全に迷走させ
られているようです。。。

そんな様子を、やや離れた位置から見ていたセンター長、

  オーシバのやつ…
  タカハシに次いで、オレの右腕になって
  くれるかと期待してたのに…
  ムリだな、こりゃ。。

ボソッと小声でそう言ったのを、僕はハッキリ聞いたのでした…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お金持ちの共通点

何百億…、何千億円もの資産を持っているお金持ちでなくとも、
10億、5億…

いや、1億円ほど…

いやいや、5千万円ほどの資産を持っていれば、お金持ちと
言えるんじゃないですか?

少なくとも、僕はそう思いますね。。。

ま…、お金持ちと言っても、大小様々ってコトでしょうけど、
そんなお金持ちには、4つの共通点があるそうです。

 1.家計の収支、貯蓄の状況を概ね把握している

   どれくらい収入があって、何にどれだけ使っているか、
   それと、今、いくらぐらい資産を有しているか…などを
   きちんと頭に入れている。

 2.経済状況や金融商品についての感度が良い

   経済状況を的確に理解し、必要な情報、知識を集め、
   有利な金融商品を運用できている。

 3.お金の貯め方がスマート

   無理なく、安定的に、コツコツと…

 4.お金の使い方がきれい

   ムダ使い、衝動買いをせず、使うべきお金は
   気持ちよく使う。


以上の4つだそうです。

なるほどですねぇ。。

特別、かけ離れたことをしているわけじゃなく…

お金に対して真面目に接している…って感じがしますね。

僕の場合、4つのうち、4番目だけは何とか実行しているように
思うんですが。。

っつーか、ムダ使いや衝動買いをしたくても、それが出来るほど
お金を持ってない。。

それに、気持ちよく使うもナニも…、必要最低限しか使えないンで。。

ですから“きれい”とか“きたない”とかじゃなく、それ以前の
次元ですね…。

それにしても…

“収支や貯蓄の状況”だの、“経済状況や金融商品”だの、
“スマートな貯め方”だの、それらを阻むのがウチの悪妻って
わけです。。。

  あいつが、もうちょっとナァ~
  もうちょっと、ホントに、ちょっとだけで
  イイから、しっかりしてくれればナァ~

ま…、自分のコト棚に上げて…って言われるかも知れませんけど、

  あいつが、ホンのちょっとでも、
  お金にしっかりしてくれていれば、
  オレだって…、オレだって…、
  もっと安心して仕事できるし、
  何なら、真剣に家事を手伝ってもイイんだよ。
  うんうん。。

何だかワケのわからない気持ちになって、涙がにじんで来そうに
なるのでした。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
簡単な文章を書いてお小遣い稼ぎ♪


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お店が潰れる前兆・・

夜、ウチへ帰ると、悪妻が出掛けているらしく、いつも通りの
手抜き料理が、テーブル上に置いてありました。。。

超反抗期の娘は、別の部屋に閉じこもって、どうせマンガでも
読んでいるのでしょう。

ま…、そんなわけですから、僕は独りで手抜き料理を肴に
安酒を飲むことにしました。

9時を過ぎた頃…

悪妻が帰ってきました。

ママ友数名と「女子会」とかで、近所の居酒屋で食事をして
きたようです。

その居酒屋は、先月下旬にオープンした地鶏料理が有名らしい
お店です。

確か、その居酒屋がオープンする前も、別の居酒屋が営業して
いたはずですが…

  前の居酒屋の方が料理の値段が
  安くて、メニューも多かったけど、
  潰れちゃったンだよね。

と、悪妻が言いました。

今夜の女子会の中でも、前の居酒屋の話題が出たようで…

ママ友の一人が、こんな話をしていたそうです。

  私、前のお店には家族で何度も
  行っていたのよ。
  二人の息子はよく食べるから、その点で
  料理の種類も多くて、まあまあ安くて…
  ウチにはピッタリのお店だったンだけどね~

しかし…

  潰れる3ヵ月、いや、4ヵ月前くらいから
  だと思ったけど…
  以前は若い男女のバイトを何人か雇っていたのに、
  若いコが一人もいなくなっちゃったみたいで、
  代わりに年配の男女とか、50前後の店員さんが
  何名か居て…

そのママ友によりますと、年配の男女と言うのは、その居酒屋の
店長のご両親…

50前後の店員さんと言いますのは、おそらく店長の兄弟、または
親戚…

それとも店長の奥さんの兄弟かも…?

要するに…

特に飲食店で、身内、親族を従業員として使うのは、そのお店が
潰れる前兆と言われていますが、まさに、ソレです!

人件費を削るため、身内に泣きついて、タダで働いてもらって
いるわけです。。。

それだけ経営状態が悪いってコトで。。。

そのママ友も言っていたそうですが…

  今思えば、丁度その頃からメニューに
  載っているのに、品切れの料理が
  増えてきたり、前と比べて素材の質が
  下がっているような料理が目立ったり…
  苦しかったのね~。。。
  それで結局、お店を手放しちゃったンだって。

とのことです。

悪妻は、冷蔵庫からアイスクリームを取り出し、それを齧りながら、

  いやぁ~、商売って大変よね~。
  でも、今日の鶏料理、おいしかったワ―!
  歯応えが全然違う!

などと呑気なコトを言っているのでした。

そして、次第に僕は、腹が立ってくるのでした。。。

  ナニが女子会だっ!
  1円の稼ぎもなく、ロクに家事もせず!
  エエ身分やのぉ~。。
  酒が飲めねーくせに、エラそうに飲み会に
  顔出すンじゃねーっ!

ってコトです…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今後も難しい…。

現在のところ、景気拡大が続いているそうで…

来年1月まで続くと、戦後最長記録を更新するとのことです。

ちなみに今のところでは、2002年2月から2008年2月までの6年と
1ヵ月が好況の最長期間だそうで…

なお、経済の専門家の大半は「最長を更新する」と予想して
いらっしゃるようですが、一方で…

多数の国民が景気拡大を実感できるような状況になるのは、

  今後も難しい…。

と予想しているとか。。。

こっちの予想には大いに納得できますね…。

それと、先ほどの2002年2月から6年1ヵ月におよぶ好景気…って、

  あぁ、景気イイなぁ☆

なんて思ったコト、一度もなかったような気がするンですけど。。

同様に、現在が景気拡大中と言われても、

  そっか、景気イイんだなぁ☆

って思ったコト、少なくとも僕にはありません。。

国民が好況感を得ることのない景気拡大…って、ホントに景気拡大と
言えるのかどうか、、

僕にはわかりませんが…。

いわゆる「働き方改革」によって、残業代は削減される可能性が
高くなるでしょうし、非正社員で働く人たちが優遇される方向に
あると言われているものの、それでも収入面での差は否めませんし…

そんなことも合わせて考えれば、コレどうしたって景気拡大を
実感するのは、

  今後も難しい…。

ってコトになるんじゃないですか?

で…

現在の景気拡大は、少なくとも消費税率が10%に引き上げられる
2019年10月までは続くとのことで。。。

まぁ、消費税率が上がれば、景況は下っていくのが普通です。

それで景気がよろしくない時になれば、

  あぁ、不景気だなぁ…。

そんなコトを、ようやく国民全員が実感するんですよね~。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感