So-net無料ブログ作成
検索選択
●●超熟睡できる安眠枕【六角脳枕】
●●口内の健康を考えるなら「歯磨きHA-118。」
________________________________________________________________________

オレは生活費の足しか…?

橋に取り付けられているブロンズの銘板などを盗んで、
それを金属買取業者へ売って現金を得ると言う窃盗事件は
後を絶たないそうで…

学校にあるブロンズ像なども盗まれてしまうようで、全く
油断も隙もあったモンじゃありません。

いつも学校に行けば目にするはずのブロンズ像がある日
忽然と消えている!

これは驚きますよね。。。

昨年の夏のことですが、群馬県中之条町では歌人である
若山牧水のブロンズ像が盗まれました。

若山牧水は、旅と酒を愛した歌人として有名であり、
群馬の暮坂峠の旅では「枯野の旅」という作品を著し、

  上野(かみつけ)の草津の湯より
  澤渡(さわたり)の湯に越ゆる路
  名も寂し暮坂峠

などと詠んだ…らしいです。。。

で…

そのブロンズ像が盗まれた!!

犯人は、ひと月余りで捕まりまして、30代の男二人による
ものでした。

  生活費の足しにするつもりで…

ブロンズ像を盗んだとのことです…。

歌人・若山牧水、これをあの世から眺め、どのように感じた
ことでしょうか。。。


  幾山河越え
   さり行かば寂しさの
    終てなむ国ぞ今日も旅ゆく

これは牧水の代表的な作品だと思いますが、時に寂しく苦しい
旅も続けていれば、やがてそれらを乗り越える日が来るだろう。
だから今日も旅をしているのだ…って意味だったと思います。

一種の人生訓でもあるわけで、

  キツイ毎日だけど、そのうちイイことあると
  信じて、がんばって生きて行こうヨ!

みたいな意味だと解釈していますが、

  まさかナァ…
  オレの像、その場しのぎの生活費の足しに
  されるなんてナァ…

とか思いながら、

  噛みつくぞ!草津の湯より
  バカタレが湯に越ゆる路
  オレ寂し暮坂峠

とか詠んで、ヤケ酒飲んでるかも知れないですね…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感