So-net無料ブログ作成
●●日本全国お宿探し!名鉄観光宿泊予約
●●松阪牛通販のお店
________________________________________________________________________

焼そばのトッピング

お昼は現場近くの食堂に入り、550円の焼そばを食べました。
syokudo_sizuoka1702.jpg

予想以上に盛りがよく、とてもラッキーでした☆

それよりも…

この焼そばのトッピングに深い感銘を覚えました。

どうやらナルト巻を刻んだのをトッピングしているようですが、
どうしてナルト巻を選択したのでしょう?

僕は、ここに非常に興味を持ちました。。。

これまで、いろいろな所で何回も焼そばを食べましたが、
このトッピングは、今までになかったです。

一般例としましては…

  ●青のり
  ●きざみのり
  ●紅生姜
  ●花かつお

ま…、たいていこのあたりの一つがトッピングされている
場合が多く、お店によっては、青のり+紅生姜であったり、
きざみのり+花かつおと言ったように2種類のトッピングを
してくれる場合もあります。

が…

刻んだナルト巻は、僕のこれまでの焼そばには、なかった
です。。。

軽い新鮮なショックを感じ、そう言えばチクワを薄く切って
具にしている焼そばはあったナ…、

あと、カマボコも具に入ってたこともあったナァ…

練り物という括りで見ると、チクワ、カマボコ、それぞれ
具として焼そばに使われている場合は確かにあります。

でも、ナルト巻はなかったです。

しかも、トッピングとして使うなんて…

ナルト巻は、特に味はない…ように感じます。

焼そばに絡めて、一緒に食べてみましたが、ナルト巻は
味を主張して来ません。

その分、邪魔にはならないわけで…

  そうか、これは、そのぉ~…
  ここの食堂の店主が苦心の末、
  考案した彩りと遊び心の…
  いわゆる、こう…
  食べる者を少しでも楽しませようと…
  そんな考えによるものかもナァ…

僕は、独りで焼そばを食べながら、こんなナルト巻の
トッピングに妙に引っ掛かってしまい、あれこれ考えて
みたのでした。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これこそ信じられない!

僕は、周囲の人から言わせると異常なほどの汗掻きで、
そのせいか寒さには強い方だと思っています。

実際に、この季節でも他人と比べると薄着で過ごして
います。

ところで話は少し変わりますが…

中国の人たちは、身体を冷やすことを極度に嫌う
そうですね。

身体を冷やしていると寿命が短くなると言う考えが
古来から受け継がれているらしく、例えば、真夏でも
常温のビールを飲むとか…

ビールってのは冷たいから旨いのであって、夏冬に
かかわらず、よく冷えたヤツじゃなきゃ飲まない僕に
とって、信じられない話です。

ところが、中国の人たちからすると…

この季節にもミニスカートを穿いて外を歩いている女性が
信じられないそうで。。。

もちろん中国の女性たちもミニスカートを穿きます。

でも、それは夏場の暑い季節に限ってのことで、冬場に
ミニスカートを穿くことはないそうです。

僕もミニスカートを穿いたことはありませんから、よく
わかりませんけど、ストッキングとか穿いているから
特別に寒いわけじゃないと思うんですが、いかがでしょう?

ま…、常温のビールと言い、いかに中国の人たちは身体を
冷すことを嫌うかがわかるエピソードだと思います。

で…

さらに中国の人たちが信じられないコトとして…

冬場でもミニスカートを穿いて身体を冷やす行為をしている
日本の女性が、世界一の長寿であること…

これこそ信じられない!ってコトみたいです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おらが街の百貨店

百貨店がある、ないと言うのは、その県、市、街の
繁栄振り…って言いますか、住居している人たちの
生活水準を計る一つの目安であるように捉えられて
います。

  百貨店がある≒都会

  百貨店がない≒田舎

って感覚、ありませんか?

  ウチの近くには百貨店が
  あるから…

って言うと、ワタシは都会に住んでるんだ!って意味に
取ることも出来ますし…

ウチの周りはセレブ&リッチなの…って意味に受け取る
こともできなくもない。。。

でも、真に都会であれば百貨店は存続できるでしょうけど、
ちょっと地方の都市部ですと…

  近隣に新しくできたショッピングセンターに
  客足を奪われた…

とか、

  若い客層が減って売り上げが
  思うように伸ばせない!

とかで閉店すること、結構ありますね。。。

そうなると、そこに住む人たちは、一気に自信失くしちゃって
落ち込んだりします。

  今まで、百貨店があるから
  都会だと思ってたのに…


  あぁ…、
  やっぱ、ここは田舎なんだなぁ…

これまで、そこの百貨店で買い物したことがない人まで
落ち込んだりします。。。

ニッポン47都道府県の中で、百貨店がひとつもない!って
県はあるんでしょうか?

もし、あるとして、その県に住居されている人たちは
百貨店がないことに対し、劣等感のようなモノを感じて
いらっしゃるでしょうか?

たぶん、感じていないと思いますね。

最初からなければ、感じることはないでしょう。

あったモノがなくなると、それを使ってもいないくせに
惜しんだりする…

ここの部分が田舎なんです…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




タグ:田舎 百貨店
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

普通に結婚できますよ

結婚氷河期…って、最近は言われているそうで。。。

明治安田生命の調査によりますと「いずれ結婚したい」と
思っている20代の男女は、大幅に減少しているようです。

【いずれ結婚したいと思う】
  20代男性
   (2013年:67%)→(2016年:39%)

  20代女性
   (2013年:82%)→(2016年:59%)

この通り、わずか3年で男女ともに大きく落ち込んで
いることがわかりますね。

こうしたデータを見ると…

  非正規社員の増加で、若者の所得が
  減っており、それを理由に結婚に
  踏み切ることができない

と言ったコメントが聞こえてきそうですが…

  ●平均的に収入の多い都市在住者よりも
   少ない地方在住者のほうが結婚率が高い

  ●平均的に収入の多い大卒よりも少ない高卒の
   ほうが結婚率が高い

これもまた事実です。

地方在住で高卒の僕は、23歳で結婚しました。

今から16年前のことですが。。。

ま…、経済的にどうのこうのとか、外見的にアレコレ
考えず、僕の場合、結婚に踏み切ってしまったのです。

言い換えれば、勢いに乗って…って言いますか、その場の
流れに任せて、普通に結婚したと思っています。

で…

その結果、生活に苦しみ、悪妻に悩まされてますけどね…。

しかし、まぁ…

今の20代の人たちに、僕から言えることと言えば…

  その時に出会った相手と、
  何となく気が合って、
  つき合いがそこそこ続けば、
  難なく結婚することはできる

ってコトです。

まずは出会いを見つけることからですヨ。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




タグ:結婚 収入
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うるさくなったオムライス

オムライスと言えば、僕の少年時代には単純にケチャップで
味付けしたチキンライスを薄焼き玉子で包み、その上から
さらにケチャップをかけた…

そんな洋食でした。

ところが…
omurice1702.jpg
近頃のオムライスはうるさくなっているような…

そんな気さえして来ます。

今日のお昼、元請の課長さんがオムライス専門店に連れて
行ってくださり、そこで食べたオムライスは…

まず薄焼き玉子ではなく、ちょっと厚みのある丸い玉子焼き
がチキンライスの上に乗っかっていて…

そう、チキンライスを包んでなくて、上に乗っかってる。。。

で…

この玉子焼きの表面をスプーンで軽く刻むようにすると…

トロ~っと言いますか、ヤワ~って言った方が適切なのか
わかりませんけど、とにかくフワフワ状になった玉子焼きの
中身が現われてくる仕掛になってます。

それと…

ケチャップはオーガニック栽培のトマトを100%使用している
とかで…

そのせいか、お値段は950円とかで…

そもそもオムライスと言う食べ物は、食堂で働く店員さんたちの
賄い食だったと聞いたことがあります。

洋食と位置づけられながらも、実を言うと西洋のどこの国でも
食べられたことがなくて、日本の食堂の賄い食だった。

それが今、やたらうるさくなってきた。。。

とは言え、食べてみると確かに旨いです!

うるさくて、やたらこだわって作られている分、旨いです。

でも…

自腹だったら絶対に食べることのないオムライスです。

ってわけですから、課長さん、貴重なオムライスをごちそう
していただき、ありがとうございました☆
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「生活が苦しい」

厚生労働省の国民生活基礎調査によりますと、約60%の
世帯は「生活が苦しい」と回答しています。

1990年代前半までは、生活が苦しいと回答した世帯の割合は
40%ほどでした。

これが年々上昇し、2011年に60%台を突破して以来、ずっと
60%ほどのまま。。。

これにつきましては、高齢者が増えたからなんじゃないの?

そう思っていましたら、どうも違うようで…

高齢者世帯が「生活が苦しい」と回答した割合は全体より
低くて58%と6割未満。

一方、児童のいる世帯において63%超えと高い状況。。。

子どもにお金を掛けている世帯が多いのか、はたまた所得が
追いつかないのか…。

1世帯当たり平均所得は541万円(国民生活基礎調査より)

上昇傾向にあると言われるものの、6割以上の世帯は所得が
平均以下であり、100万円~400万円未満の世帯がこの中の
4割を占めています。

また、児童のいる世帯で仕事をしている母親は68%と
過去最高になっているとか。。。

うんうん…

やっぱ、所得が生活に追いつかない…ってワケで。。。

僕の場合も、まさにコレに当てはまっています。

せめて…

せめて、ウチの悪妻が仕事してくれれば…

それでも「生活が苦しい」って思いは消えないんですよね。

この先ずっと…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




タグ:生活 世帯 所得
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分から変わっていく?

心機一転したい!って時がありますね。

別に大それたコトじゃなく、ちょっとしたコトを
変えてみたい!って時、着る物を変えたり、食べ物を
変えてみたり…

通勤のコースを変えたり、いつも持ち歩いていた鞄を
変えてみたり、腕時計とかアクセサリーなどを変えたり…

そんなことをして気分を変え、心機一転、再スタートを
図ることがあると思います。

このほか重大な物事に対しての心機一転であれば、
引っ越ししたり、リフォームして住まいを変えてみたり…

名前を変える…、改名する人もいますね。

引っ越しも改名も、そうそう簡単にできるモンじゃなし、
それに何回もできるわけじゃありませんから、余程大きな
決意と覚悟が必要になります。

でも…

引っ越ししたり、改名したりしても、その後、上手くいく
なんて保障はありませんし。。。

ここで少し話は変わりますけど…

  自分の周りを変えたければ、まず自分が
  変わらなくちゃいけない!

とか、

  自分から変わっていかないと
  周りは変わらない!

なんて言葉、聞いたコトないですか?

人生相談に出てくるエライ先生とかが、よく口にしますよね。

僕はいつも思うんですが、実際にエライ先生たちは、自身で
体験したことあるんですかねぇ?

言う方は簡単ですが、自分から変わっていくことって、
かなりシンドイですよ。

僕なんか、この言葉を聞かさせる度に心の中で、

  バーロー!
  エラそうに!
  そんな簡単に言うなっ!

って叫んでますが…。

自分から変わっていくこと…

どれくらい続ければ周りが変わってくれるのか?

完璧に自分が変わったら、本当に周りは変わるのか?

って言うか、まず自分はどう変わったらいいのか?

など、考えているともう、面倒臭いわ、気持は萎えるわ…

で…

  変えよう、変わってほしい…なんて
  思うの止めよう。
  今の状態を静かに受け流そう。
  そのうち慣れてしまうかも知れないし、
  そのうち変化が起こるかも…

って思う方が楽だと思うんですが、ダメですか?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

728Kcalと言えば…

僕の仕事は、一日中身体を動かしていますので、
夕方5時、6時になればお腹が空いてきます。

僕は晩酌をするので、空腹に耐え、ウチへ帰りますが、
中にはコンビニへ寄って、食べ物を買い、車の中とか
勤め先の事務所で食べる者もいます。

その一人がAさんで、僕より3つ年上ですが、彼は必ず
仕事を終えるとコンビニへ寄ろうと言い出すのです。

今日も仕事帰り、勤め先のハイエースにAさんを乗せて
僕がハンドルを握っていると、

  おう☆
  わりぃけど、そこの
  セブンへ寄ってくれ

そう言って、セブンイレブンへ入っていきます。

で…

ある日はポテトチップであったり、またある日は
フランクフルトとか唐揚だったり…

でも、一番多いのがパン類ですね。

菓子パンとかサンドイッチとか、とにかく2、3品の
パンと缶コーヒー…っていうパターンですね。

Aさんは、僕ほど大食いではないようですし、酒も毎日
飲まないそうですが、どちらかと言うと肥満体…

明らかにデブと言えないまでも、どっちかと言うと…

そんな感じの体型でして。。。

  いやぁ、この時間になると
  腹減って、腹減って…
  晩メシまで持たないんだよぉ

そう言いながら、パンをパクパク頬張り、缶コーヒーを
飲んでます。

僕は、もともとパンがあまり好きではありませんので、
そんなAさんの様子を見ていても、食べたいなぁ…とは
思いません。

と言うより、食べない方がイイんじゃないの?って
思いました。

と言いますのも、今日、何気なくパッケージを見ていたら、
カロリーが表示されていて…

それが728kcalって書いてあるじゃないですか!

目を剥く…って表現が我ながらピッタリでした。

決して大きくもなく、ズッシリ重みがあるわけでもない
パンひとつが…

  なにぃ~!?
  こんなモンが728Kcalも
  すんのかっ!?

そう思いながら、目を剥いてパッケージの表示を見つめた
のでした。

728Kcalと言えば…

ま…、僕は栄養士ではありませんので、正しいかどうか
自信はありませんけど、728Kcalって言ったら焼魚定食とか
シンプルなしょうゆラーメンとか、おう、そうだ!

親子丼一杯もそれくらいじゃないか?

それを、こんなパンが…

どうってコトないパンのくせに…

  そうか…
  Aさんは、ほぼ毎日、こうしたパンを
  2、3個食ってるわけで…
  これだけで成人一日分の必要摂取カロリーに
  匹敵しちゃってるンじゃないのぉー?

ってコトで…

メシをバカ食いする僕が心配しても始まりませんけどね。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大正解のチキンカツ定食

昼に入った仕事現場近くの食堂で、チキンカツ定食を
食べました。

kumamoto_T1702.jpg
お値段700円

今日はどういうわけか「お昼はチキンカツが食べたい」と
ずっと思っていたので、迷うことなくチキンカツ定食を
注文したのですが…

大正解でした!

やわらかくて鶏肉の旨味をギュッと詰め込んだような
揚げ方で、ちょっと甘口のブラウンソースが実によく
合っています!

外観は昔ながらの大衆的な食堂って感じですが、この
チキンカツは、洒落た洋食屋さん的な上質で繊細で、
それでいて馴染み深さを感じさせる… 

そんな一品です。

でも、洒落た洋食屋さんではなく、一緒に出てきた
味付のりが、

  やっぱ、大衆食堂だわ☆

って感じにさせてくれます。

この味付のりは、ここの店主の気持ちと言いますか、
サービスのつもりなんでしょうね。

ペラペラで穴がたくさん開いている味付のり…

これがチキンカツをさらに引き立てているのでした。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笹やん 春浅し

朝、バイト先の冷凍食品センターへ行ってみると…

何となく元気なさそうな笹やんがいました。。。

  どうしたんスか?
  何か、あったんスか?

思わず笹やんに、そう尋ねると…

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ふん…、
  この先のコトについて、な…

しばし沈黙した後、意味深っぽく答えました。

先のコト…?

行き当たりばったりっつーか…

風の吹くまま、気の向くままっつーか…

計画力が思いっきり欠如している…

そんな笹やんが…

先のコトについて…?

って何ソレ!?

その場その時、そのままの気分次第で生きてるような
笹やんが、この先のコトって…

どんな笹やんが言ってるんや~~!?

僕は頭の中が、何だかグルグル渦巻いているような気分で
ボケ~っと笹やんを見ていると、

  はぁ~

そんなため息を吐き、何やらトボトボと弱々しげに歩いて
いきました。

  ねえ!
  笹やん、どうしたの?

バイト仲間のヤノさんに尋ねてみても、何も知らないようで、
昨日あたりから様子がおかしくなったとのこと。。。

しかし、笹やんが気落ちしている原因は、その後すぐに
わかりました!

笹やんチームの中ではリーダー的存在の熟年女子バイト・
キノシタさんが午前の仕分け作業中に話してくれたのです。

  シマダさんのお父さん、ちょっと具合が
  良くないみたいで、それでシマダさん、
  今月いっぱいでバイト辞めて、実家へ
  帰るんだって…

シマダさんの実家は、笹やんと同じく福岡県。

どうやらお父さんの看病のために帰郷を決めたそうです。

ってワケで…

これまで何度か、笹やんはシマダさんをウチへ連れ込み、
二人で夕食などを共にしていた仲でしたが…

ま…、笹やんとしては何とかしてシマダさんをモノにして
やろうという魂胆があっただろうと思いますが…

こうして福岡へ帰っちゃうんじゃナァ~…

せっかく二人だけでホットプレート出して焼肉やったり、
熱々のお鍋をつついたりしたのにナァ~…

これまで二人で過ごした時間、ささやかながら楽しかった
時間が…

  はぁ~

そんなため息の一つも吐きたくなるわナァ~。。。

  だけど、これでヨカッタと思うよ、
  アタシは…

どこかしんみりとした様子でキノシタさんが言いました。

  そりゃあシマダさんは独身かも
  知れないけど、笹やんとじゃ可哀そうだよ。
  シマダさん自身、結婚に対してどう思っているか
  知らないけどさぁ…
  何も笹やんじゃなくてもイイでしょ?
  シマダさん、まだ43か44歳でしょ?
  笹やんと20歳も差があるんだよ!
  笹やんなんかと手を打つことないんだよ。
  福岡へ帰って、イイ男、見つけりゃいいんだよ。

キノシタさんとしては、いつもニコニコしている朗らかで
元気なシマダさんが、笹やんの毒牙(?)に侵されるのが
可哀そうと言うわけです。

が…、

これを聞いていた若手バイト・スダさんが反論しました。

  そんなコト言っちゃ、笹やんが
  可哀そうッスよ!
  笹やん、今回は真面目にシマダさんと
  つき合ってるみたいだし!
  オレ、笹やんの味方ッス!

そもそも、このスダさんが、笹やんとシマダさんの交際の
第一発見者でもあり、彼的には笹やんとシマダさんが
上手くいけばイイと純粋に思っているみたいです。

  スダ!
  おめぇ、甘いんだよ!

女性とは思えないような言い方で、スダさんを一蹴する
キノシタさん。

  笹やんはなぁ…
  オンナなしでは生きていけない
  ヤツなんだよ。
  だから、いっつも真面目だよ!
  おお!
  オンナに対してはクソ真面目に
  つき合って攻略しようとしてるんだよ!

周囲から笑い声があがりました。

  何か、笹やんのコト…
  魔物っつーかモンスターみたいに
  言ってません?

そう言って、こわばった笑い顔を見せるスダさん。。。

  おおヨ!
  笹やんはなぁ、オンナの肉を食らう
  モンスターよ!

キノシタさんが芝居っ気を見せ、両手を上げて襲い掛かる
振りをしながら言いました。

  そうかなぁ…?
  オレ…、やっぱ笹やんには
  頑張ってほしいッス


  何を頑張ってほしいんや!?
  なぁ、スダ…
  腰の激しい振り方か?
  20分でも30分でも振り続けられる
  ように頑張ってほしいんか!?

スダさんに対し、今度は卑猥に腰を振って見せるキノシタさん。。。

人生の海千山千とも言うべき、このキノシタさんの前に、
若くて活きの良いスダさんもタジタジ気味。。。

周囲からは、ますます笑いが起こりました。

そんな中、モンスターが…、笹やんが姿を見せました。

いつもより大人しげなモンスター・笹やんです。

  おまえ、何やっとるんや?

腰を振るキノシタさんに、笹やんが声を掛けますと、

  スダに腰の動かし方でも教えたろうと
  思ったんやけど、ちょうどエエわ!
  笹やん!
  男は男の腰の使い方があるやろ?
  スダに教えてやってくれ!

ヘンな方向に話を持っていきました。

  は?
  まだ10時やぞ。
  朝からナニ言っとるんや?
  キノシタ…、
  おまえ、欲求不満か?

笹やんに言われ、キノシタさんは大笑いしながら、

  笹やんから欲求不満って聞かれるとは
  思わんかったわ!
  そりゃ、ここンところご無沙汰で…って
  何を言わすんや!
  笹やんの方はどうや?

こんな返しをするキノシタさんも、立派な笹やん喜劇団の
役者です。。。

  オレか…

笹やんは、そう言って、ちょっと遠くを見つめるような
目で黙り込みました。

そこへスダさんが口を挟みます。

  笹やん!
  シマダさん、福岡へ帰っちゃうんでしょ?
  どうするんスか?

どうするも何も…

笹やん、スダさんを見つめ、困惑した表情。。。

そうか…

その時、僕らは、笹やんがシマダさんに対して、決して
遊び半分につき合っていたわけじゃないという思いを
持っていたことが何となくわかったような気がしました。

笹やんは、モンスターじゃなくて純粋にシマダさんとの
時間を楽しんでいたのかも知れない!

もっとそんな時間を持ちたかっただろうけど、それが
叶わなくなってしまった今…

笹やんとしては、それを小さいけれど深い思い出として
刻んでおきたいと思っているんじゃないでしょうか。

だから、これ以上、シマダさんを追い駆けるようなマネは
しないし、縛りつけることもしない…

このまま流れに任せ、思い出にしてしまおう…

何となく、そう思ったのです。

が…

  しゃーないやろ…

そう言って、笹やんは周囲を見回し、一点に視線を止めました。

僕らは、その視線の先を見つめました。

そこには…

  笹やん、やっぱ、おめぇ
  サイテーや!

キノシタさんが、本気とも冗談ともわからないような言い方で
笹やんを罵りました。

笹やんの視線の先には、マエダさんがいたのです。

一時、笹やんは下心まる出しで、マエダさんに迫っていた
のですが、シマダさんとの一件で沈静化していました。

しかし、ここに来て、再燃したようで…。

それにしても、マエダさんは独身ではありませんから、
シマダさん以上に攻略しづらいんじゃ…

この時期、暦の上では春ですが、まだ寒さが厳しいため
“春浅し”と言いますが…

こんな交際が厳しい相手に目をつける笹やんは“思慮浅し”と
言うべきかも知れません…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感