So-net無料ブログ作成
検索選択
●●超熟睡できる安眠枕【六角脳枕】
●●口内の健康を考えるなら「歯磨きHA-118。」
________________________________________________________________________

牛肉丸は何だかよくわからない

牛肉丸…

牛若丸とは違って、牛肉丸は歴史上の偉人ではありません。

これは中国で言う肉団子、ミートボールを指すそうです。。。

で…

この牛肉丸は、実に謎に包まれた食べ物であるとのことでして、
まず商品を手に取って、パッケージの原材料名を見ると…

使用されている原材料は鶏肉、豚肉と書かれている場合も多く、
他品では魚のすり身、アヒル肉などを使用しているものもあり、
何だかよくわからない商品であるようです。

もちろん牛肉を使用しているものもありますが、100%牛肉では
なくて、その比率は10%未満であることが多く、全く使用して
いないものも出回っているとか。。。

それでも商品名は「牛肉丸」として堂々と売られているとの
ことです。

中国らしいと言えば、中国らしい…。

  こんなコトしてて
  イイのか?

と、中国メディアのひとつ、北京青年報が取材をした際、販売員
から返ってきた答えは、

  みんな別々の服を着ているように、
  牛肉丸と一言で言ってもいろいろだ

ってコトで、説得力があるのか、ないのか…

何だかよくわからないです。。。

それじゃ中国の消費者はどう思っているのか?

一例として、牛肉丸は500グラムで日本円にして約280円。

精肉店の牛肉は500グラムで約960円とのことですから3分の1
以下で買えてしまうわけです。

  安くておいしいから、
  何も問題はない

そう答える消費者は少なくないそうで、牛肉丸とは単に肉団子を
表わす商品名としか捉えられていないのかも知れません。。。

実際、中国では特に冬場になると、牛肉丸は鍋物に欠かせない
アイテムらしく、安くてボリュームある商品が好まれるとのこと。。。

牛肉の代わりに鶏肉、豚肉、アヒル肉や魚のすり身であっても、
ヘンな有害物質が検出されないだけマシなのかも…。

このあたりも何だかよくわからず…

中国らしいと言えば、中国らしい…、です。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はじめツルツル、あとパンパン

昼、ウチで冷麦を食べました。
hiyamugi_1607.jpg
6束…、600グラム食べました。

毎度のことですが、冷麦や素麺って、ツルツルっと勢いよく
食べているうちは満腹感を感じませんけど…

食べ終えた時に、お腹パンパンになっていることに気づいて、
しかも、ちょっとお腹周りが苦しくて、それでようやく、

  食べ過ぎだナ…

って気づいたりしませんか…?

毎度同じことを繰り返しているのに、アノ啜り込んだ時の
ひんやりと心地よい口当たり、舌触り…

そして適度にコシのある歯応え…

冷たいつゆの風味が織り交じって、ツルツル、ツルツル…

とめどなく、実に勢いよく食べ進んでしまうのです。

  あんまり調子に乗って食べると、
  お腹パンパンになって苦しいからなぁ…

とか食べる前に思ったりしますけど…

いざ食べ出すと、もういけません。

パンパンになるまで食べてしまう。。。

冷麦600グラムは、人によっては6人前だと言いますが、僕は
認めてませんね。

せめて1人前は200グラムと設定してもらいたいですね。

で…

600グラムですから、3人前ですか…。

やっぱ、食べ過ぎですね。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




タグ:冷麦
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やはりカップヌードルですね

インスタントラーメンは、大きく分けるとカップ麺と袋麺に
二分されますね。

カップ麺だけを捉えた場合、日本では、その市場規模は
4000億円ほどになるそうです。

ちなみに世界最大のカップ麺市場は中国で約6400億円。

いかがです?

この数字を見て、どう思われますか?

日本の10倍以上の人口である中国。ここでのカップ麺市場は
日本と比べて1.6倍ということになります。

人口は10倍でもカップ麺市場は1.6倍…

金額だけ見れば、6400億円は世界最大ですが、人口と合わせて
見た場合…

  日本はカップ麺をメッチャ食ってる!!

ってコトになるんじゃないですか?

そのカップ麺…

日本国内で50%ほどのシェアを有するのは日清食品です。

やっぱりな…

って感じじゃないですか?

これだけ多くのカップ麺が次々と売り出されているわけですが、
その市場規模の半分は日清食品が握っている…

日清食品のカップ麺と言えば…

  ●カップヌードル
  ●どん兵衛
  ●UFO

このあたりが三本柱でしょうね。

中でもカップヌードルはカップ麺の元祖!

こういう点でも日清食品はスゴさを見せつけますね。

インスタントラーメンそのものについても日清食品は元祖です。

国内シェアの半分を握るのも当然かも知れませんね。

僕はどちらかと言いますと袋麺派ですが、カップ麺ならば
やはりカップヌードルが一番好きですね。

  ●カップヌードル
  ●カレーヌードル
  ●シーフードヌードル

以上の順に好きです。

とにかくカップヌードルは、何時いかなる時でも食べ飽きません!
ホント、不思議なぐらいに舌が、胃袋が、身体中がカップヌードルの
あの味、あの麺の食感、あのスープの風味、あの肉片やエビ…

すべて受け入れてしまいます!

こうやって書いていると…

無性にカップヌードルが食べたくなりました。。。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間、何とかなるもんだナ

時々、テレビで放送される「あの芸人たちは今…」

コレを観ておりましたら、ある芸人は数年前のブレイク期は
最高月収2800万円だったのが、現在は月収5万円…。

こんなこと、ザラにあるんでしょうね…、芸能界って。。。

特にお笑い芸人はツラい…

一つのネタは長くもっても1年…

年が明けた途端、テレビで観なくなっちゃうコトもよくある
パターンでして。。。

でも、実際のところ、ブレイク中のお笑い芸人って、自分のこと
どう考えているんでしょうかねぇ?

  よっしゃ!
  オレはこのまま行ける!
  このままずっとお笑いで
  食って行ける!

って芸人もいるかも知れませんし…

  いつまでもこの調子で
  行けるわけがない…
  今のうちに貯蓄して将来に
  備えておくか…

って芸人がいてもおかしくないです。

どっちがイイか…ってことではなく、僕が思うのは、

  人間、何とかなるもんだナ…。

ってコトです。

人には、その人なりの生き方があって、それぞれの生き方で
人は何とか生きて行ける…ってコトじゃないですか?

月収5万円でも芸能界で生きているわけで、そのお笑い芸人は
今、再ブレイクを狙って奮闘しているとのことですけど…

残念ながらブレイクできるほどのネタではなさそうで、
世間から冷評、酷評を受けているようです。。。

でも生きている!

大先輩である大物芸人が、たまに食事に連れていってくれる
そうで、その際、タクシー代として1万円貰えるとのことで、

  それでタクシー使わず地下鉄に乗って、
  コツコツ貯金してます。
  今じゃ、先輩のタクシー代がボクの
  メイン収入です

と言っていました。

これも、人の生き方です。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

交番にロケット花火を撃った少年のお話

え~、一席お付き合い願います。

子供たちは、もう夏休みですね。

羨ましいですナ…、夏休み…。

わたしも子供の頃は、7月も半ばになってきますと、

  もうあと少しで夏休みだ!

って胸をときめかしたモンです。

夏休みってのは、休みの前が一番楽しい!

あと1週間…、あと3日、あと2日で夏休みだ!

こんな時が一番楽しいんですよ。

それで、夏休みに入ると、もう…

  あっ!

と言う間に7月が終わり、8月のお盆が過ぎ…

カレンダーを見ると、8月の20日…

この時期から、とても寂しくなるんですナ…。

あの寂しさは、何とも言えませんですヨ。

夏休みの思い出らしい思い出は残らず、残ってるのは
宿題だけ…。

そうそう!

夏休みの思い出と言いますと「花火」を上げる人も
多いんじゃないですか?

わたしも子供の頃は、よくやったモンです。

ロケット花火をよくやりましたねぇ。

アレを地面にさし込んで打ち上げるんじゃなく、手で持って
打ち上げると、勇気があるってコトで、わたしらは競って
手に持ったままロケット花火を打ち上げたモンです。

しかし、コレ…

ホントは危ないから、良い子は真似しちゃいけませんヨ。

え~、このほかにもロケット花火で真似しちゃいけないお話が
ありまして…

真夜中の2時頃…

17歳の少年が4人、自転車に乗って、どこへ向かうのかと
言いますと…

これが交番です。

落し物を拾ったから…ってわけじゃなし、道に迷って困って
いる…ってわけでもございません。

4人の少年たちは、交番から少し離れた場所に自転車を停め、
紙袋からロケット花火を取り出しましたよ。

何を始めるつもりか…と言いますと、コレが…

ロケット花火を交番目掛けて撃ち込もうってワケでして…。

少年たちは、次々とロケット花火に点火して撃ち込んで
いきます。

  ヒュ~~~

  パンッ!

  ヒュ~~~

  パン、パンッ!

これにはさすがの警察官もビックリ!

  何事だ!?

って外へ飛び出していきますと、向い側から少年たちが
ロケット花火を撃ち込んでくるじゃありませんか!

  コラッ!
  何してるんだ!

逃げようとする少年たちを追い駆けて、一人を捕まえ、
残り3人も後日、威力業務妨害の容疑で捕まりました。。。

  どうしてあんなコトしたの?

警察官に問い詰められて、

  遊び半分でやりました。
  警察をからかってやろうと思って…

などと容疑を認めたそうですが、

  全く、とんでもないコトを
  するもんだ!

と、警察官が叱りつけると、一人の少年が目をパチクリさせて、

  いや、よく飛んでましたよ

と言ったとか、言わなかったとか。。。

おあとがよろしいようで…。
(愛知県で起きた事件より)
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

貰えるだけマシだよ

ご存じの通り、僕らの土木・建設業界は親会社、元請があり、
その下に子会社、孫会社、曾孫に玄孫…

その規模は大小、実にさまざま。。。

会社の数も、まさに星の数ほどと言っても良いほど。。。

そう言うわけですから、特に中小、零細になるほど業績の
善し悪しもハッキリと差が出てくるようで…

今日、いっしょに仕事をした同業他社の若い職人が
コボしてました。

  ウチなんか従業員3人の超零細で、
  ボーナスも5万円しか貰えないんスよ!

それを聞いて僕は、

  イイじゃないの!
  5万でも貰えるだけマシだよ。
  ウチなんかボーナスは出ないからねぇ…

と言うと、驚いたように、

  マジっすか?
  業績がイイって評判なのに?

と言っていました。

僕の勤め先も、従業員は10人という零細ですが、幸いなことに
複数の元請から順調に仕事が入っているようで、業績の方は
悪くないと思っています。

一方、若い職人さんの勤め先は、彼の話によりますと、

  何だか不渡りの噂があるみたいで、
  4月に見切りつけて2人、辞めちゃったんスよ…。
  オレも先のこと考えると、今のうちに
  余所の会社へ行った方がイイかな…って
  思ってるんスよ

とのことで。。。

まぁ、本当にヤバいのでしたら若いうちに勤め先を変えた方が
イイのかも…とも思いましたが。。。

このように一言で土木・建設と言っても、会社によって明暗が
くっきりしているのが実状なんですね。

  でもなぁ…
  5万円でもボーナス貰えるだけ
  本当にイイよなぁ…
  ウチの会社も少しでも出して
  くれねえかなぁ…

心から、そう思いましたね。

そう言えば、夏になると素麺とか冷麦のセットを勤め先から
貰っていますが、アレがボーナスってことなんでしょうか?

現物支給…?

  だったら、もっとマシなのくれっ!

心から、そう思いましたね…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鯖の干物定食

仕事現場の近くにあった居酒屋で食べた「鯖の干物定食」
hamamatu_S1607.jpg

お値段650円

言うまでもなく魚は干物にすることにより、その旨味が
増すものです。

滋味深い…

そんな表現がピッタリじゃないでしょうか?

本当にごはんが進む味ってのは、こういう味だと思いますね。

話は変わりますが、別皿に大根おろしが意外なほどタップリと
盛られていて、これを鯖の干物と合わせて食べろと言うこと
だろうと思いますが、僕はサンマでも大根おろしと一緒に
食べる習慣がなく、必ず大根おろしだけで食べてしまいます。

なので…

今回も大根おろしに醤油をかけて食べようとしましたが…

ここで、醤油差しを持った手を、ふと止めて…

半分ほど、お味噌汁の中に入れて食べてみました。

何となくまろやかな味わいのお味噌汁になり、こういう
食べ方も出来るんだと…、小さな感動でしたが、そんな思いで
鯖の干物定食を食べました。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笹やん 恋心

あれから20日が過ぎましたが、特に進展がないようで。。。

と言いますのは、バイト先の冷凍食品センターの社員、笹やんの
チームに、笹やんが恋心と言うか、下心を抱くマエダさんが再編入
されまして…

笹やんとしては、このマエダさんを何とかモノにしようと、
作業中にさほど面白いとは思えない冗談を言って気を惹こうと
してみたり…

女子バイト数人も交え、一緒に昼ごはんを食べに行き、そこで
全員にごちそうして男気を見せてみたり…

エクレアなどを買ってきてバイトたちに振舞い、面倒見の良さとか
優しさをアピールしてみたり…

雨の日にはマエダさんを車で家まで送っていくと声を掛けたら、
「自転車で来ているからイイです」と断られてみたり…

なかなか笹やんの思惑通りにならないようです。

  なぎさちゃん☆

今では公然とマエダさんのことを、そう呼んでいる笹やん。

マエダさん本人も、若い頃から「片平なぎさ」似であると
周囲から言われていたそうで、50代になった今でも、

  なぎさちゃん☆

と呼ばれて、イチイチ気にすることはなさそうですが、
それでも、たぶん心の中では、

  うっとうしいオッサンやなぁ…

って、笹やんのコト思ってるんじゃないかと僕は思うのですが、
さすがマエダさんは大人の女…

いつでもにこやかに応じています。

  おい、笹やん!
  マエダさんばっか追い駆けてないで
  仕事しろ!

女子バイトのキノシタさんが、笹やんに大きな声で言いました。

キノシタさんは、笹やんチームのバイトの中ではリーダー格の
女子バイトです。

年齢はマエダさんと同じぐらいの50歳ほどだと思います。

10年以上もここで働いている古株で、サバサバした性格の
人です。

笹やんに対してタメ口をきくのは彼女ぐらいなモンです。。。

  うるせーなぁ…

キノシタさんに抵抗する笹やん。。。

  まあそろそろ諦めろ!
  マエダさんをイヤらしい目で見て…
  下心丸出しやぞ!
  なあ、笹やん!

キノシタさんからズバリ!指摘され、やや慌てふためいた様子の
笹やん…

  うるせーなぁ…

と、同じ言葉を繰り返すだけ。

そんな様子を見て、マエダさんは苦笑い。。。

僕は以前、キノシタさんから聞いた話ですけど…

ここのバイトは男女比率が6対4ほどで、男女とも10代から60代まで
年齢の幅も広く、しばらく働いているうちに仲良しになり、さらに
進展して、男と女の関係になることも少なくないそうで…

不倫の温床…

って言う人もいるぐらい、頻繁にくっついたり、離れたりして
いるそうです…。

ま…、笹やんはどうか知りませんけど…。

ところで、マエダさんを見る限りでは、彼女自身、全く笹やんに
興味なさそうですし、何よりも家庭には旦那さんがいて、子供だって
いる健全な主婦で、とても不倫するようなタイプには見えません。

それでも笹やんは、しつこくマエダさんを追い回しているようで、

  あ、あ~♪
  なぎさのしんどばっとぉ~♪

つい先ほども、ワケのわからない歌を口ずさみつつ、ウロウロして
いた笹やんですが…

  おいっ!
  笹○!

センター長が笹やんに、怒ったような声を掛けました。

  オメー、エエ加減にしろよ!
  3人もバイト、増員したのに、
  何でミスが続けざまに起こっとるんや!
  なぁ?
  オメーのところだけやぞ!
  しかも初歩的なミスばっかしやがって!
  今も●●屋から商品間違いのクレームが
  入ったんやぞ!
  オメーがちゃんと確認してれば済むことやろ!
  なぁ?
  新規商品の導入時には確認を怠るなって何回も
  言っとるやろ!
  にも拘らず…
  オメー、何回言ったらわかるんや!
  ホントにエエ加減にしとけよ!
  今週、何回同じようなミス起こしとると
  思っとるんや?
  これで4回目やぞ!4回目!
  なぁ?
  4回も商品間違い続けるなよ!
  全部、オメーのせいやぞ!
  オメーさえ確認してれば…

目をパチパチさせながらセンター長の言うことを聞いていた
笹やんですが、

  いや、待ってくださいよ!
  ●●屋の商品なら確認しましたよ

と言い返しました。

  だったら何で間違いのクレームが
  入るんや?
  あそこにはカナダ産豚バラ1Kgしか
  出さんのに、2Kgが入ったってクレームが
  来たんやぞ!
  どうせオメーが1Kgと2Kgの確認を怠ったんやろ?
  なぁ?
  もともとアノ商品は間違えやすいから
  気をつけろよってオレは口を酸っぱくして
  言っとるにも拘わらず…
  オメー、確認ぐらいしろよ!
  アノ商品は出庫間違いも起こりやすければ、
  そのまま気づかずに仕分けてまうことも
  前からあったんで、積み込み前に最終確認を
  管理者である社員がすることになっとるやろ!
  なぁ?


  いや…、ええっ!?
  オレ、ちゃんと確認したんだけどなぁ…


  ちゃんと確認して何で間違いが
  起こるんやっつーの!
  っつーか、オメー…
  バイト増やして、オメー自身に
  余裕ができとるやろ?
  散々、人手が足りんとグチりやがって…。
  それで増員してやったんやぞ!
  にも拘らず、こんなミスばっか
  起こしやがって!


  いや~…


  いや~じゃねーわっ!
  オメーの目はどこを見とるんや!?

と、センター長が言った時です。

絶妙のタイミングで、キノシタさんの声があがりました!

  笹やんの目はマエダさんの尻しか
  見とらんわ!

場内爆笑。。。

イヤだ、ちょっと!みたいな仕種で、マエダさんは苦笑いで
軽くキノシタさんの肩を叩きました。

センター長は怒る気が失せたのか、ただ笑っています。。。

笹やんも、やや顔を赤らめて苦々しげに笑っています。。。

それにしても…

この先、笹やんの曲がった恋心はいつまで続くんでしょうか?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

元気・活力の源!男のサプリ【クラチャイダム】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

貯蓄したくても出来ない!

貯蓄したくても出来ない!

僕も含め、そんなお悩みを持っている人、少なくないのかも
知れませんね。。。

ウチの悪妻から聞いた話ですが、近所にお住いのTさんの
お宅はとても立派な造りで、さぞや裕福な暮らしぶりだろう…

そんなふうに思っていましたが、

  Tさんの奥さんと今日、お話してたら、
  意外と住宅ローンの返済に追われていて
  貯蓄したくても出来なくて困っている…って
  言ってたよ

とのことで…。

つまり、身の丈以上に立派過ぎる住宅を購入してしまい、
ローンの返済で貯蓄に回せなくなっているというわけです。

Tさんのお宅は、まだ建てて3年も経っていないほどですので、
この先、いつまで返済しなくてはならないのか知りませんが、

  最近になって、奥さんも工場で
  パートしてるんだって…

だそうです。

まぁ、パート勤めに出る奥さんがいて、Tさんは幸せだナァ…と
思っていると、

  ウチはローンがないのに貯蓄が
  出来ないね…

と、悪妻がしゃあしゃあと言うじゃありませんか…。

  バカタレ!
  毎月、貯蓄できるぐらいの金、
  オメーが働いて作ったらどうだ!?

僕は心の中で叫びました。

同時に、ちょっと前に読んだ雑誌の記事に書かれていたことを
思い出しました。

それは…

  収入が低いため、常にギリギリの生活で貯蓄が
  出来ないという家庭は、どんなに節約しても
  追いつかないのが実情です。
  特に子どもがいる場合ですと成長と共に支出は
  増えますので、いよいよ貯蓄が出来なくなって
  しまいます。
  これは年収が300万円台以下やシングルマザーの
  家庭でよく見られます。

この一文を読んで、

  カシャッ!

僕の頭の中で、何かが割れたような音がしたものです。。。

年収が300万円台以下の家庭…

ってウチのことじゃん!

そう思った途端、なぜか笑ってしまったものです。。。

少しでも貯蓄に回そうとパート勤めを始めたTさんの奥さん。

貯蓄出来ないと言いつつ、何にもしないウチの悪妻。

そう思うと、僕は乾いた声で、また笑ってしまったのでした…。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

充実のスタミナ定食

ランチタイム限定!スタミナ定食600円!

その食堂の入口に置いてあった立て看板に、デカデカと書いて
あったので、僕は迷うことなくスタミナ定食を注文しました。

  ありがたい…
  600円でスタミナを付けさせて
  くれるんだ!

僕は、この食堂の心意気に感謝しつつ、スタミナ定食を
待ちました。

sutamina1607.jpg
やってきたスタミナ定食は、僕の期待に充分、応えていました☆

盛りのよいごはん。

甘辛ダレで炒めたたっぷりの豚バラ肉。

ちょっぴり辛い獅子唐と、甘みのある玉ねぎのつけ合わせ。

焼き麩が入ったみそ汁。

キャベツ、きゅうり、にんじんを刻んだ漬物。

それに生卵。

600円のスタミナ定食は、とても充実していました☆

ところで…

食べ始めてから、しばらくして…

おかずを食べ切った後で、残ったごはんに生卵をかけて
食べるべきか、それとも、ごはんの上に豚バラ肉と玉ねぎを
乗っけて、そこに生卵を溶き入れて食べた方が良いか…

大いに迷いました。

こういうことで迷うのは、実に楽しいです。

結局、後者を選択し、おいしくいただきました。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感